DVD・BD 動画観る裏技

CPRMを対処し、VROの再生とMP4への変換を行う有効な方法をご解説

CPRMを対処し、VROの再生とMP4への変換を行う有効な方法をご解説

テレビ番組を録画してDVDに保存した映像が、PCで開くと「.vro」という形式のファイルで格納されていることが分かります。しかし、PCで直接的に再生できないことが一般な状況です。理由というと、2点あります。

  • CPRM保護がついています。
  • VROという拡張子をサポートできるツールが少ないからです。

要するに、VROというファイルを普通に再生させるために、以上の二つとも解決する必要があります。

ではさっそく解決策の紹介に入りましょう。

VROファイルとは?CPRMとの関係は?

VROとDVD-VRのファイル構造

VROファイルとは、DVDディスクでテレビ放送を記録する場合、映像ファイルの本体です。ファイルの後ろには「.vro」の拡張子が続いています。

DVDレコーダーなどの機器を使用して、VRモードでテレビ番組を録画保存すると自動的にVROファイルで保存されます。

DVDのVRモードとはテレビ放送を録画する専門のモードです。それに対して、DVDのVideoモードは一般の動画を記録することに用いられます。

DVD-VRをドライブで開く
DVD_RTAVを選択
VROファイル

PCでVRモードのディスクを光ドライブに読み込ませて、「RTAV」→「VROファイル」の順でVROファイルを特定できます。後でVROファイルをより簡単に処理するために、単独でそれを他の場所にコピーすることがおすすめです。

VROファイルとCPRMの関係

テレビ放送をDVDに記録したあと、CPRMコピーガードが映像に自動的にかかります。CPRMというのはデジタルテレビ番組の複製などの不正利用を防ぎ、番組の著作権を守るための制御方式です。

無理やりにCPRM付きのVRO映像を再生したり、他の形式まで変換したりすれば、映像ファイル自体が開けないでもないですが、流れる映像は真っ黒な画面あるいはノイズばかりの画面となってしまいます。とにかく視聴不可です。

なので、VRO映像ファイルを一般の動画データみたいに使ったり、操作したりするなら、CPRMを無力化させる必要があります。

では、まずはCPRMという制限を突破する方法を見ていましょう。

DVD-VRのディスクを視聴するために最も妥当な方法はCPRM対応のDVDプレイヤーやレコーダーなどの機材を使うことです。CPRMを回避する様々な方法は動画の利用をより便利にすることができますが、厳密に言うと、著作権侵害となる違法行為です。

無料ソフトのrelCPRMでCPRMを削除

VROファイルを保護しているCPRMコピーガードを解除するために、「 relCPRM」というフリーソフトウェアで、CPRMコピーガードを解除するのことができます。

CPRMコピーガードを解除することでMP4に変換することができるようになります。

ダウンロードからCPRM解除するまでの手順を見ていきましょう。

relCPRMをダウンロード

まずはソフトのダウンロードからです。(バージョン1.0,最新のバージョンです。)

ダウンロードリンクhttps://ux.getuploader.com/2513/download/80

relCPRM DL

ダウンロードが完了したら、ファイルをダブルクリックして解凍します。

relCPRM

relCPRM

解凍済みのファイルの中から「relCPRM.exe」というプログラムをクリックして起動しましょう。そして、先ほど用意したDVD-VRのディスクからコピー&ペーストしたVROファイルを、relCPRMのメイン画面にある入力先のとこで開きましょう。

CPRM解除を実行

relCPRM設定

メイン画面では六つのチェックボックスがありますが、上の画像のとおりにチェックを入れればオッケーです。そして、保存先を決めてCPRM解除の作業を開始すればいいです。最後に出力されたものもVROファイルですが、CPRM暗号なしのものです。

それを普通に再生するために、拡張子の「.vro」を「.mpg」に変換すればいいです。

なぜを言うと、PCが普通に再生できる「mpg」という形式も「vro」と同じように「mpeg-2」のコーデックをサポートできるのです。

或いは、PCで直接的にVROファイルを再生できるプレーヤーでCPRM解除済みの動画を視聴しましょう。

VLCプレイヤーでVROファイル再生の方法

拡張子の変換をしなくても、VROファイルのまま再生できるフリーソフトウェアがあります。

おすすめなソフトは様々な動画形式をサポートする、オープンソースのVLCプレーヤーです。

VLC

では、VLCプレイヤーでVROを再生する方法を見ましょう。

ダウンロードとインストール

VLCメディアプレイヤー

ダウンロードは「窓の社」でやるのは十分です。お使いのWindowsシステムの問題により、32-bitや64bitのものを選びましょう。ダウンロードの後、インストーラーを起動し、最初の段階で言語を日本語に設定しましょう。

VLCを起動してVROを開いて再生

複雑な解説までしなくてもいいです。とりあえず、CPRM解除済みのVROファイルを取り込むと、普通に再生できます。ちなみに、VLCファイルは非常に汎用性の高い動画プレイヤーとして、DVDやブルーレイ形式の映像を再生することにも非常におすすめです。

WinX HD Video Converter DeluxeでVROをMP4に変換する方法

CPRMを解除することができたら、いろんVROファイルをMP4に変換することができるようになります。

「WinX HD Video Converter Deluxe」という有料のソフトを使用してMP4に変換にします。370+ 入力形式 & 420+ 出力形式を対応しているので、ほとんどのファイル形式の間で変換することができます。

機能が強力である一方、購入する必要もあります。無料版を使うなら、5分間までの動画しか変換できません。

VROファイルをMP4に変換する手順を見ていきましょう。

WinX HD Video Converter Deluxeをダウンロード

まずは、公式サイトからWinX HD Video Converter Deluxeをダウンロードします

セットアップは、使用許諾契約を読んで同意すれば、基本的にデフォルトで進めて大丈夫です。

VROファイルを取り込む

WinX HD Video Converter Deluxeを立ち上げると、トップ画面が表示されます。

WinX HD Video Converter入力

上部メニューバー左上の「動画」から変換したいVROファイルを取り込みます。

先にCPRM解除をしておくのが必須です。

出力プリセット

すると、出力形式のプロファイルを選択する一覧の画面が出るので、MP4動画を選択します。

動画の質を低品質か高品質、その中間に設定するバーがあり、変換する速度が変わります。

特に指定がなければ、MP4動画を選択してOKボタンをクリックで大丈夫です。

MP4をきれいに加工する方法

変換したいファイルと出力形式を選択したら、トップ画面の編集リストに追加されます。

出力の詳細設定

リスト右側の歯車のアイコンをクリックすると、変換形式をさらに細かく編集することができます。

ビデオオプションから「ビデオコーデック」を選択することで、画質を変えることができます。

MP4を綺麗に加工するのにおすすめなのは、「h.264」というコーデックです。

H.264は画質とファイルの軽さの両方でもバランスを取れる最もよく使われているコーデックです。低ビットレートでも画質が良いのが特徴です。

動画変換の実行

すべての編集が完了したら、右下のRUNボタンを押して動画変換を開始します。

変換の進捗と残り時間が表示されるので、変換が終わるまで待ちます。

下部の「変換動作が終了したとき出力フォルダを開きます」にチェックしておくと、自動的に保存先のフォルダが開いて、確認することができます。

拡張子が「.mp4」になっていれば成功です。

WinXD HD Video Converterは強力な動画変換ツールとして使い勝手がとてもいいですが、有償ツールです。完全無料でVROをMP4などのツールに変換すれば、HandBrakeのようなツールを使ってみてもいいです。

まとめ

VROファイルを便利に視聴する方法についておわかりいただけたでしょうか。

MP4は汎用性が高い拡張子なので、変換しておくと再生ソフトを選ばないのでDVDが見やすくなります。

DVDを楽しく見るために、変換を手軽にやってみてください。

-DVD・BD, 動画観る裏技