DVD・BD

DVDデータを一般の形式に変換するHandBrakeの使い方と定番機能を解説

Handbrake

HandBrakeは便利に動画・音声の形式変換を行える大人気な無料ソフトウェアです。

その主な機能というと、トランスコーダー(tanscoder)として動画や音声ファイルの細かなパラメーターを調整することで、動画や音声のファイルサイズ変えたり、色々なデバイスやプラットフォームが要求するメディア規格に合致させたりすることです。

例えば、Vimeoは公式サイトのヘルプセンターで、HandBrakeを使って投稿MP4をVimeoのすすめた規格にする詳しい方法が掲載されています。

[blogcard url=https://vimeo.zendesk.com/hc/ja/articles/224978308-HandBrake]

速いリスポンスに加え、HandBrakeは多くの音声、動画の形式をサポートする同時に、出力設定に対しての自由なカスタマイズも許すのはその人気な秘訣だと思う。

それに引き換え、設定部分も初回目の使用にあたるユーザーは直感ではない感じるところです。実はかなり理解しやすいです。この記事を読んだあと、HandBrakeの機能と使い方をスッと理解できるようになると思います。

HandBrakeの特性と対応できる形式

多くのサイトではHandBrakeをDVDやブルーレイディスクにあるデータを「MP4」や「MKV」などの常用動画フォーマットへとリッピングする無料ソフトとして紹介します。これは確かにHandBrakeの重要な特性です。

でもやはり、本記事の冒頭で述べたように全般的に動画や音声の規格を調整するトランスコーダーとするほうは相応しいと思います。

HandBrakeの優れた特性というと、主には三つあります。

特性1:DVD、Blu-ray形式のデータを含み、ほとんどの常用動画・音声ファイルを入力可能

ソースとしてDVD、Blu-rayデータを取り込む場合、下記の形で入力できます:

  • DVD、Blu-Rayメディア(光ドライブに入れた物理ドライブ);
  • DVD、Blu-Rayのイメージファイル;
  • PCに保存された「VIDEO_TS」と「AVCHD」フォルダー(それぞれDVDとBDがデータを収納する形)

特性2:主流のPCシステムで動作できる

HandBrakeはWindows、MacOS、Linuxの三つのPCシステムでも動作できます。

特性3:プリセットが豊富で便利

HandBrakeの高度な機能を使ってマルチメディアの形式と出力規格を自由に調整することができます。一方、それが苦手なユーザーや、複雑なニーズがない人なら、プリセットを利用するのはおすすです。プリセットはほとんどの出力状況をカバーしていると思う。

品質の別、投稿ウェブサイトの別、使用デバイスの別、お使いのPCハードウェアの別で

特性4:マウスオーバーによる分かりづらい表記への解釈

HandBrakeの最新バージョン(記事作成時点は1.4.1)では、ユーザーに設定などの諸概念や表記をより簡単に理解してもらうために、ソフト内の一部の表記に対して補足説明を設けています。カーソルを設定項目などの表記の上に移動すると、ホーバーボックスという形で出てくるというマウスオーバーの形です。HandBrakeでは一般ユーザーにとって分かりにくい項目がいっぱいあることを鑑みて、これは実際の使用に役立つ非常に良い特性です。

デメリット:コピーガード対応不可

Handbrakeを使うことで、便利にDVDとBDディスクにあるデータを取り扱えますが、コピーガードのないディスクのデータに限定です。ディスクにあるコピーガードを何とかしたいなら、業界トップのDVDデータを処理するソフトDVDFabの使用がおすすめです。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://disc-keep.com/create-dvd-copy-with-dvdfab/]

日本語化のHandBrakeをダウンロードしてインストール

HandBrakeダウンロード

公式サイトhandbrake.frにアクセスしてHandBrakeの最新バージョン番号を確認できます。PCのOSがWindowsである場合、直接的にホームページにある赤いボタンをクリックすればいいです。

HandBrakeはMacOSLinuxシステムでも動作可能なので、Windowsではないなら、赤いボタンの下にある「Other Platform」をクリックし。お使いのOSによってHandBrakeのセットアップをダウンロードします。

そして、セットアップのプログラムを起動してインストールを終わらせます。途中でウィルス対策ソフトが安全リスクあるという注意喚起を起こすなら、無視すればいいです。

起動のあと、HandBrakeはデフォルトのインターフェースが日本語です。

そうだ、最新版のHandBrakeを使うなら、インターフェースの日本語化なんてはまったくやる必要がありません。GUI(インターフェース)は自動的にお使いのPCシステムに従います。

DVDデータをMP4動画にするHandBrakeの使い方

データソースを入力

HandBrake入力オプション

HandBrakeを起動して、左側でソースのタイプを選びましょう。

  • フォルダー:DVDやBDをPCにリッピングした「VIDEO_TS」フォルダーあるいは「AVCHD」フォルダー
  • ファイル:流行りの動画や音声形式、またはISOイメージファイル
  • ドライブ:光ドライブにあるディスクのデータを読み込む

HandBrakeのフル機能を見せるつもりから、外付け型の光ドライブを使ってDVDディスクを読み込みました。なので、ここでドライブの入力ソースを選びましょう。

成功にディスクを取り込むと、「Source Preview」の画面でディスクの映像サムネイル画像を確認できます。

プリセット領域の使い方

メイン画面にあるボタン領域とタブ領域の間に挟んでいる領域は私が名付けてプリセット領域です。なぜかというと、上で述べたように、一般の変換なら、プリセットを使うのが十分で、この領域も同じように作業を成し遂げる最低限の設定を行う場所です。

プリセット領域

  • タイトル:出力した映像のタイトルを選択します。タイトルの後ろに次ぐ時間と下方にあるプレビュー画面で、各タイトルの詳しい映像内容を確認できます。
  • 範囲:お選びの映像タイトルの出力範囲をさらに指定できます。チャプター、時間帯(秒)、フレイムという三つの形で設定できます。
  • プリセット:出力品質、形式や用途の別で、出力動画の規格のプリセットがここで提供されています。あとで紹介する「動画」タブで動画の規格を自由に調整することもできます。普通はこれらのプリセットをを使えば十分です。

それぞれを簡単に見ましょう。

主にGeneral、Web、Device、Matroska、Hardware、Productionという六つのカテゴリーがあります。それぞれMP4品質別、Webプラットフォーム別、デバイス別、MKV品質別の出力プリセットです。

「General」にある各表記の意味は下の画像のとおりです。カーソルをその上まで移動すると、どういう意味かは簡単に確認できます。

「Web」は出力の動画はWebアプリやプラットフォームが要求する動画の規格に則って出力することです。具体的にはDiscord、Gmail、Vimeo、YouTubeがあります。表記の詳細は次のとおりです。

「Device」はデバイスの順でやっていきます。

右の「再読込」をクリックすればプリセットをリセットできます。

「新しいプリセットを保存」は下の「動画」タブを使って自ら設定した内容をプリセットに保存することです。

Handbrake保存先

この領域での設定を終えると、メイン画面の一番下にある保存先を設定して、最上にある緑の「エンコード開始」をクリックして作業を始められます。

「M4V」:Apple TVなどでサラウンドオーディオ「Dolby AC3」を楽しむため、アップル社が“.mp4”の規格を拡張して設定したファイル形式です。その拡張子を手動で“.mp4”に変更しても問題ありません。簡単に言えば、MP4はISO(国際標準化機構)で定められているフォーマット。M4VはMP4によく似たApple独自の規格。

タブ部分を紹介

まずは「概要」部分から見ましょう。

「コンテナ」は出力形式そのものです。つまり、DVD映像はどんな形式に格納するかという意味です。

「MP4」を選択する場合、真下に四つのチェックボックスも出てきます。中では二つの意味がちょっと理解しにくいです。見てみよう。

HandBrake概要タブ

A/V開始地点の同期:音声と動画の開始時間を揃えます。一部の出力動画では音声と動画のずれが発生しやすいです。回避するために、ここにチェックを入れましょう。

Passthru Common Metabase:ディスクそもそものメタデータを同じままにします。

下にあるトラック、フィルター、サイズという情報は映像元々のプロパティで、調整不可です。

「寸法」タブ

Handbrake寸法

主に三つの項目は設定可能です。それぞれ「方向とクロップ」、「解像度とリサイズ」、「ボーダー」という三つの部分です。

寸法1

まずは「Orientation and Cropping」(方向とクロップ)から見ましょう。

「Flip」は水平で反転ということです。

「Rotation」は90度ごとに回転することです。

「Cropping」のカスタマを選ぶと、画面をクロップできます。これを使うには、メニューにある「プレビュー」機能を合わせて使用することがおすすめです。

「プレビュー」をクリックして「show crop adjustment controls」にチェックを入れます。そして、画面の具合を確認しながら、カスタムの数値を入れたり調整したりしよう。

寸法2

「Resolution and Scaling」(解像度とリサイズ)

Resolution Limit:解像度の上限を設定します。

「アナモフィック」は簡単に言うと、動画画面の大きさをカスタム機能です。何も変えないなら、「Automatic」を選ぶのがおすすです。或いは、「custom」を選んで自ら表示サイズを決めます。

寸法3

最後の「Borders」機能を使って出力動画の縁取りをすることができます。縁の幅は数値を入力して調整できます。

「フィルター」タブは略すればいいです。普通はとくに調整する必要はありません。

続いて「動画」タブに切り替えます。

Handbrake動画タブ

「Video」部分ではどのエンコード(動画コーデック)を使うか、フレイムレート、出力の品質を決めることができます。

「Encoder Options」ではエンコード速度、つまり出力スピードなどを調整することができます。

「チューイング」のとこで出力映像のジャンルによって適切なエンコード設定を適用することができます。「プロファイル」と「レベル」は「Auto」のままにすればいいです。

Video Encoderというところで動画にどんなコーデックを使うかを詳しく設定できます。Codecの基本知識を知りたいなら、下の記事をクリックしましょう。

「音声」タブと「字幕」タブで

音声タブ

「音声」タブでは出力する音声、音声のコーデックまたは音声の出力品質を決めることができます。

字幕タブ

「字幕」タブでは出力する字幕、字幕の付属する形などを調整できます。

全て設定ができたら、メニュー部分にある「エンコード開始」をクリックしましょう。

Handbrakeのキューイング機能でバッチで動画を変換しよう

HandBrakeで動画の出力に関する設定をするとき、動画は一本ずつで設定をしなければいけないのです。動画クリップ数が多かったらは一個ずつの設定と出力かなり不便です。とくにDVD入力ソースのような動画タイトルやクリップの数が多い場合です。

HandBrakeが内蔵するキューイングの機能を使うことで、出力設定ができた動画をキュー(隊列)に含めて、最後に一括でプロセスさせることができます。

キューイング機能

現在のタイトルは設定ができたら、「キュー」に追加をクリックします。

キュー表示

そして、「タイトル」のドロップダウンメニューから、或いは新しい「変換元」から別の動画タイトルを追加して新しい設定をすることができます。「キュー」をクリックして、既にキューに入れた内容を確認することができます。最後は「キュー開始」をクリックすればいいです。

ちなみに、キューを使わず単独の動画タイトルだけを変換する場合、このボタンの名前は「エンコード開始」という名前です。

最後に

上は重点的にHandbrakeの使い方を紹介しました。最後は使用要点のおさらいをします。

最新版のHandbrake(現在は4.1)はわざわざ日本語化させる必要はありません。直接的に公式サイトからダウンロードしてインストールすればいいです。

Handbrakeで動画の出力に関する設定は色々あるが、基本的なニーズはプリセットを使えば満足できます。

設定は動画クリップの一つずつで設定できますが、キューイングリストに入れてバッチで処理するのは効率を引き上げられます。

また、HandBrakeにはまだ上で解説されていない専門性の高い機能が残っています。使用中でなにかの疑問がありましたら、まず公式サイトのドキュメント部分で関連の紹介があるかどうかをご確認ください。

或いは、この記事の下でコメントを残して僕と一緒に探ってもいいと思う。

-DVD・BD