DVD・BD

本格的なクラドッマイト絵を簡単に作成!おすすめドット絵メーカー10選

最近ドット絵が改めて人気になっているそうですが、どれはどのようなもので、どのように作られているのでしょうか。 今日はこの記事を通して紹介したいと思います。

ドット絵(ピクセルアート)とは一体何なのか?

昔のゲームボーイのゴツゴツした画面を見ると懐かしくなりませんか?

ドット絵(またピクセルアート)は、ゲームボーイの画面のように、画面上の「ピクセル」と呼ばれる四角形に色を塗り、ピクセルを並べて表現した絵です。 最近はNFTが盛り上がりを見せており、ドット絵もNFTの中でも根強い人気を誇っています。 日常生活の中で、何らかの形でドット絵を目にする機会が増えているでしょう。

初心者向けドット絵メーカー10選

ドット絵とは何かを理解した上で、独自のドット絵を作る方法を説明します。ドット絵の魅力は、非常に自由に、誰でも作れるということです。 今回は、初心者向けのメーカーを10個紹介します。

ミニドット絵メーカー3

ミニドット絵メーカー3は圧倒的に使いやすいソフトとして言われました。GIFを作るのにも適しており、無料なので使い始めるには良いソフトだと思います。 直線や四角などの形や線があり、もちろん全面に塗ることができます。 参考スケッチが必要な場合は、それを挿入することも可能です。一方、ソフト内の課金があります。 カラーパレットは少し使いにくく、慣れるまで時間がかかる。

Pixnote

Pixnoteは、落書きのような感覚で描ける想像力豊かなドット絵メーカーです。 使い方は簡単で、マウスを使って、紙に絵を描くように描けばいいのです。機能が少ないので、初めての方でもすぐにドット絵を作ることができますよ。

ミニドット絵メーカー3と同じく無料で使えるが、Pixnoteは携帯電話に対応しています。スマホでいつでも作成できるため、パソコンより操作がしやすいです。 しかし、その反面、パレットには12色しかないので、あまり細かい作品は描けません

PIXILART

Pixilartは非常に多い機能を持っているドット絵メーカーです。 通常、ドット絵は全て自分で描くものですが、Pixilartは自分で描くだけでなく、テキストやスタンプを挿入して、他の人とは一味違うドット絵を作ることができます!また、Pixilartは、自分の好きな絵を描くことができるので、絵がうまい専門家でも使えるメーカーです!もちろん使い無料、しかもGIFも作れますので、今は大人気!ただし日本語は対応してないから、なれるまで少々時間がかかりそうです。

Dinopixel

dinopixelもドット絵メーカーとして操作簡単なソフトです。リンクをクリックするとそのまま開いて使えます。 dinopixelは前紹介したメーカーと違い、他の人のドット絵を見て編集することができます。初心者のうちは、腕のいい人が作ったドット絵を見ることで、技術を学び、発想を広げることができます。 ただ、dinopixelも日本語に対応していないので、ちょっと使いにくいかもしれません。

ドット絵ナニカ

ドット絵ナニカは前述したドット絵メーカーとは大体同じ、違ったのは、ドット絵ナニカは画像変更機能が追加されています。 好きな画像をサイトにアップロードすると、その画像を簡単にドット絵にすることができます。 また、最近ではこの機能を利用して、自分の好きな絵画をドット絵にして「どうぶつの森」にアップロードする人も多いようです。注意するのは、どうぶつの森にアップしようとする方はどうぶつの森モードを選択してください。

Minecraft Image Converter

Minecraft Image Converterは、minecraftが立ち上げたオリジナルのドット絵メーカーツールです。 無料ながら十分な機能があり、非常に細かいドット絵を作成することができます。 初心者の方から上級者の方まで幅広くお使いいただけます。 ただし、日本語にも対応しておらず、アップロードできる画像も256pxまでと制限があるので、使用する前に確認した方がオススメです。

低画質画像メーカー

低画質画像メーカーはタイトルにあるように、ドット絵のように高画質な画像を低画質に変えることができるツールです。 ホームページにも書いてあるように、使い方はとても簡単で、初めて使う人でもすぐに使いこなすことができます。 ただし、低画質画像メーカーという名なので、低品質のドット絵を作成することはできないので、高品質のドット絵や要求の高い編集はできません。

ドット絵こんばーた

ドット絵こんばーたは先ほどの低画質画像メーカーと同じで、簡単な操作でオンラインドット絵メーカーツールを成功させることができるのです。 色、画素サイズ、色、輪郭線など、すべて調整可能ですが、調整回数に制限がある点は注意が必要です。 また、ドット絵こんばーたは画像サイズは最大4mbまで可能ですが、jpgとpngのみ対応しているので、少々制限があります。

Pixel Me

Pixel Meは、自分だけのアイコンを簡単に作ることができます。 LINEアバターや自画像を作りたい人に最適です。 Web側で作るだけでなく、ダウンロードしてモバイル側で使用することも可能です。 パソコンが苦手な方にも便利です。もちろん使ったのは無料ですし、初心者にオススメしたいドット絵メーカーです。若者にとって、パソコンよりスマホの方が明らかに操作しやすいし、後の調整も簡単になっています。

Pixel Art Maker

Pixel Art Makerは非常に使いやすいドット絵メーカーツールで、Pixel Art Makerのページから直接アクセスでき、一度作成したものを任意のサイズで保存することができます。画像の大きさなどにも制限がないので、大きな絵を作りたい時は適切になります。 ただし、Pixel Art Makerは日本語には対応していないので、使用前は確認した方がオススメです。

まとめ

今回紹介したドット絵メーカーを初心者でも簡単に操作し、作ることができます。自分の発想により、オリジナルなドット絵を作成してください。10個のドット絵メーカーを紹介します。あなたの作品を楽しみにしています。

-DVD・BD