2022年9月29日

スマートフォンで動画を撮影しSNS等に投稿する時、他の人の声や雑音を消したいという場合があるかと思います。

「動画の音声を消すにはすればよいのだろうか?」「BGMを追加するのに元の音声が邪魔だから消したい」という、皆さんの疑問についてお答えしていきます。

実は動画の音声はiPhone、android、PCで簡単に消すことができます。

今回はiPhone、android、PCそれぞれの端末で動画の音声を消す方法をご紹介します。

また動画の音声を消した後、BGMを付けることができるアプリもご紹介するので、是非参考にしてください。

端末別音声を消す方法

まず初めにそれぞれの端末で音声を消すおすすめの方法をご紹介します。

ポイント

・iPhone

「写真」「iMovie」のアプリを使用

・android

「Action Director」のアプリを使用

・PC

「フリーソフト」または「オンラインツール」を使用

音声を消したいだけならば「オンラインツール」、その他に動画の編集もしたい場合は「フリーソフト」がおすすめ。

それぞれ詳しく説明します。

iPhoneで音声を消す方法

iPhoneで音声を消す方法は、「写真」「iMovie」のアプリを使うのがおすすめです。

どちらのアプリもiPhoneに元々インストールされているものなので、すぐに利用することができます。

それぞれのアプリで音声を消す方法を詳しく説明していきます。

「写真」で音声を消す方法

「写真」アプリは、元からiPhoneにインストールされているアプリです。

iPhoneで撮った動画や写真はこのアプリに保存されています。

動画の音声を消す意外にも、動画のカット、調整(ハイライト、コントラスト、露出)、フィルターの設定、トリミングなど最低限の動画編集機能が備わっています。

「iOS13」以降のインストールが必要なので注意してください。

音声を消す流れはこちら。

  1. アプリを起動
  2. 音声を消したい動画を選択
  3. 編集ボタンをタップ
  4. 黄色のスピーカーアイコンをタップ
  5. 修正した動画を保存

とても簡単に音声を消すことができます。

詳しく画面キャプチャを交えて説明します。

まずは「写真」アプリを起動。音声を消したい動画を選択し、右上にある編集をタップします。

編集画面に移ります。左上の黄色いスピーカーのアイコンをタップします。

ボタンが灰色になれば動画の音声が削除された証拠です。

右下にある黄色いチェックのアイコンを押して完了です。

「iMovie」アプリで音声を消す

iMovieはApple製品にインストールされている、無料の動画編集アプリです。

星マークの中にビデオのイラストが描かれているのが目印です。

iMovieは動画の音声を消すだけでなく、BGMを追加することもできます。

動画の音声を消すだけでなく編集も行いたい方は、こちらのアプリを使うことをおすすめします。

「iMovie」で音声を消す流れはこちら。

  1. アプリを起動
  2. 「プロジェクトを作成」を選択
  3. 「ムービー」を選択
  4. 音声を消したい動画を選択し、「ムービーを作成」を選択
  5. スピーカーのアイコンをタップ
  6. 音声を最小にする
  7. 完了ボタンをタップ

詳しく画面キャプチャを交えて説明します。

アプリを起動し、「プロジェクトを作成」を選択する。

「ムービー」を選択する。

(※「iMovie」ではムービーと予告編の2種類から動画を編集することができます。

予告編を選択するとテンプレートを使用し、ハリウッド作品のような予告編を作成することができます。

気になる方は動画編集の際に、利用してみてください。)

音声を消したい動画を選択し、「ムービーを作成」を選択する。

※複数選択可能

下部中央にあるスピーカーのアイコンをタップする。

音声を調整できる画面が表示される。

音声のボリュームを調整できるスライダーを左までスライドさせる。

左上の完了ボタンをタップ。

以上の方法で音声を消すことができます。

続いて、動画にBGMを追加する方法をご紹介します。

「+」のアイコンをタップ

オーディオを選択します。(アフレコを選択すると、ナレーションを追加することもできます。)

サウンドトラック、マイミュージック、サウンドエフェクトの中からお好きなBGMを追加することができます。

サウンドトラック :iMovieオリジナルのBGMが収録されています

マイミュージック :iOS内に格納されている音楽が収録されています。iMovieに収録されているBGM以外を使いたい場合は、音楽をiTunes Storeなどからダウンロードすればお好きな音楽を動画に追加することができます。

サウンドエフェクト:iMovieオリジナルの効果音が収録されています

iMovieのその他の機能はこちら

ポイント

・動画のトリミング

・速度調整

・フィルターの設定

・BGMの設定

・テロップの挿入

動画の編集も行うことができます。

androidで音声を消す方法

androidで音声を消す場合は、「Action Director」がおすすめです。

ポイント

「Action Director」は動画の音声を消す以外にも、

・動画撮影

・編集と補正

・速度調整

・テキストの追加

・BGMの追加

など動画編集に必要な様々な機能があります。

是非動画の音声を消すだけでなく、動画の編集も行う際にも利用してみてください。

「Action Director」で音声を消す

「Action Director」で音声を消す流れはこちら。

  1. アプリを起動
  2. 編集ボタンをタップ
  3. 音声を消したい動画を選択する
  4. オンプのアイコンをタップ
  5. 「元の音声」をオフにする
  6. チェックのアイコンをタップし完了

以上、簡単な手順で動画の音声を削除できます。

その他のアプリで音声を消す方法

・「MovieAid」

無料版と有料版がございます。無料版では1分以上の動画が作れない、BGMの挿入ができないなどの制限があります。一度無料版を試してみて、気に入ったら有料版に切り替えることをおすすめします。

PCで音声を消す方法

主にPCで動画を消す方法には「フリーソフト」と「オンラインツール」を利用する2つの方法があります。

フリーソフトで動画の音声を消す場合は「VideoProc」、オンラインツールであれば「オンライン動画編集フリーソフト」がおすすめです

「VideoProc」はMacとWindow の両方で使えるフリーソフトで、利用するには事前にソフトをインストール必要があります。

「オンライン動画編集フリーソフト」はオンライン上で利用できるツールです。

インストールの必要がなくブラウザー上で簡単に操作できるのが特徴です。

それぞれの使い方について、詳しく説明します。

「VideoProc」で音声を消す

「VideoProc」は動画編集以外にも、音声変換、DVD変換、ウェブ動画ダウンロード、画面録画などの機能を備えています。

一部有料の機能がございますので注意してください。

公式サイトにアクセスし、無料ダウンロードを行います。

ビデオを選択します。

画面の上部にある、「ビデオ」アイコンをクリックし、音声を消したい動画をPCから追加してください。

動画が追加できたら、オプションを選択します。

「ビデオ編集」→「すべてのオーディオトラックを無効にする」にチェックを入れます。

これで動画の音声を消すことができます。

完了を押して終了です。

元の画面に戻って、「RUN」を押せば、ファイルを出力することができます。

「VideoProc」の無料版では変換できる動画の長さは5分、その他にも制限がございます。

無料版を試してみて、物足りないようであれば有料版に変更することをおすすめします。

「オンライン動画編集フリーソフト」で音声を消す

「オンライン動画編集フリーソフト」はオンライン上で動画の音声を消すことができます。

ソフトのインストールが必要ないので、すぐに作業に取り掛かることができます。

また動画の音声を消すだけでなく、動画をGIFに変換、音声抽出、動画結合、トリミング、動画回転、クロップ、スクリーンショット、動画速度変更、動画分割、の機能があり、どれも簡単に無料で使うことができます。

詳しい使い方をご説明します。

公式サイトにアクセスし、音声を消したい動画を追加します

動画を読み込みます。

動画の読み込みが完了すると、読み込んだ動画が画面に表示されます。

「実行」をクリックすると音声の削除が始まります。

作業時間は数秒程度です。

完了画面に切り替わった後は、「ダウンロード」をクリックしPCにファイルを保存すれば完了です。

動画の音声だけを消したいのであれば、「オンライン動画編集フリーソフト」をおすすめします。

ソフトをダウンロードする必要がなく、非常に簡単に動画の音声を消すことができます。

その他のツール

PCで動画の音声を消すツールは他にもたくさんございます。

【フリーソフト】

・Filmora

MacとWindow の両方で使えるフリーソフトです。

動画から音声を削除するのはもちろん、一部分だけ音声をカットできるのが嬉しいポイントです。

・FonePaw スーパーメディア変換

MP4、AVI、MOV、MP3、M4A等を含む、100種類以上もの形式に対応しています。

こちらもMacとWindow の両方で使えるフリーソフトです。音声を消す方法は2つ。

音量を0にする方法と、音声トラックを削除し、音声そのものを消す方法があります。

【オンラインツール】

・Clipchamp Create

公式サイトにアクセスし、動画をアップロード。

スピーカ(オーディオ)アイコンをクリックし、音量を調整できます。

・AudioRemover

動画(MP4、AVI、MOVなど)から音声を削除できるツールです。

公式サイトにアクセスし、「ブラウズ」ボタンをクリック。

音声を消したい動画を追加し、「ビデオをアップロード」ボタンをクリック。

ビデオのダウンロードと音声の削除が開始します。

「Completed」という文字が表示されれば、完了です。

あとはファイルをPCに保存するだけです。

こちらも非常に簡単に素早く動画の音声を削除できるため、動画の音声だけ消したい時に利用するのがおすすめです。

まとめ

以上、iPhone、android、PCで動画の音声を消す方法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

それぞれの端末で利用するツールは異なりますが、どれも非常に簡単に音声を消すことができます。

またアプリによってはBGMの追加や、動画の編集もできるものもあるので、用途に合わせてアプリを使い分けるのがおすすめです。

余計な音声を消すことで、より素敵な動画が完成すること間違いないでしょう。

是非、今回ご紹介した方法を活用して素敵な動画を作ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。