DVD・BD

DVDFab Passkeyと無料版のDVDFab Passkey Liteの特性と使い方を丁寧にご解説

dvdfab passkeyの使い方を解説します

DVDFab Passkeyにはコピーガード解除機能がついており、ディスクのコピーガードを解除できれば自由にパソコンのハードディスクや別のディスクに焼くことができます。そしてdvdfab passkeyを使いこなすことができれば、ディスクに入っている重要なデータや貴重な映画ディスクを永久的に保存が可能です。そこでdvdfab passkeyの主な使い方やソフトのメリットを紹介します。

dvdfab passkeyとは

ホームページhttps://ja.dvdfab.cn/passkey-for-dvd.htm

冒頭でも少しお話したように、dvdfab passkeyはあらゆるディスクのコピーガードを解除することができるソフトです。そしてdvdfab passkeyには2つのソフトがあり、それぞれDVD用Blu-ray用です。

またdvdfab passkeyはmacには対応しておらず、Windowsでしか使えないのでご注意ください。dvdfab passkeyはコピーカードを解除したデータを圧縮したりライティング機能、他のディスクへコピーさせて書き込みをする機能は備えていません。

他のディスクへの圧縮や書き込みをする場合は、専用ソフトやツールが必要になりますから、合わせて用意しましょう。

さらに「いきなり有料版を使いたくない」という人には30日間の無料体験「dvdfab passkey life」がおすすめです。無料体験ができれば、自分に合っているソフトかどうか確かめることができます。

dvdfab passkeyの有料版と無料版の違い

先ほど無料版と有料版があるとお話しましたが、機能面での違いは解除できるコピーガードの種類です。有料版はrc、rca、aps、css、cprm、UOPs、RipGuardなどがありますが、無料版はrc、rca、aps、などコピーガード解除できるものが制限されています。

無料版でもある程度は手ごたえを感じることができますので、はじめてコピーガードソフトを使うのなら、まずはお試しからはじめてみてもいいでしょう。

dvdfab passkey lifeについて

「dvdfab passkey life」でコピーガードが解除できるのはrc、rca、aps、となります。他にはリージョンの設定の変更やBlu-rayやDVDをパソコンのHDD内にあるイメージファイルなどをフォルダに入れることも可能です。

またBlu-rayプレイヤーも一応搭載されており、保護解除されたDVDやBlu-rayを見ることができます。一般的なDVDやBlu-rayなら「dvdfab passkey life」で足りてしまうこともあるので、両方使ってみるのもありです。

dvdfab passkeyのダウンロードとインストール方法

ここからは「dvdfab passkey」をパソコンへダウンロードとインストールする方法を紹介していきます。

dvdfab passkeyの使い方を解説します

お試し版も有料版ダウンロードの仕方は同じです。まずは「無料ダウンロード」をクリックして最新版をダウンロードしましょう。無料体験は30日間返金ができますので、期間内に解除すればお金はかかりません。

もし、インストールが上手くいかない場合は、アンインストールして再度インストールしてください。そして最新版dvdfab passkey9を購入した後は、ライセンス認証を行いましょう。

dvdfab passkeyの使い方を解説します

認証のボタンをダブルクリックし、続けてメールアドレスとパスワードを入力して再度認証をクリックしましょう。

お試しユーザーの場合は「認証」をクリックする必要はありません。

dvdfab passkeyの使い方を解説します

ここで注意して欲しいのが、dvdfab passkeyは1台のパソコンでしか使うことができないので、パソコンを変える場合は改めて認証設定を行う必要があります。

万が一別のパソコンで認証ができなかったら、サポートセンターに連絡して相談しましょう。そして、複数のパソコンを使うなら1台ずつソフトを入れることになりますので気を付けてください。

dvdfab passkeyを購入する方法もある

ずっと使い続けるのなら「dvdfab passkey」を有料にする必要があります。ライセンスは1年、2年と無期限があります。無期限なら13,639円でDVD版は8,679円でBlu-ray版は12,399円です。

ほとんどの人は30日間のお試しの後、購入しますが1年契約で様子を見てから永久版を買う流れになります。コピーガードのソフトは「dvdfab passkey」よりも高いものもあり、DVD版は8,000円台で買えるのとてもリーズナブルです。

 dvdfab passkeyの主な使い方

それでは、「dvdfab passkey」の基本的な使い方を解説します。コピーガードの使い方を覚えればすぐにディスクのデータをHHDに移すことができます。

コピーガード解除

dvdfab passkeyの使い方を解説します

インストールができたら、「dvdfab passkey」を起動します。「dvdfab passkeyへようこそ」という画面が表示されたらBlu-rayかDVDをセットしましょう。

自動的にディスクを検出し読み込みを開始しますので、「ディスクのリージョンを指定する」→「OK」と進みます。ここまでできると、コピーガード解除をすぐに開始され、解除に成功すると小さい緑色の四角いマークがでれば成功です。

グレーだとコピーガード失敗の合図となりますから分かりやすいので、初心者でも簡単にコピー解除ができます。検出後はドライブやメディア情報をチェックし、コピーガードが解除されたディスクが完成し、デバイスを気にせず自由に見ることができるようになります。

無料版でも操作はほぼ同じなので、試してみてください。

dvdfab passkeyの使い方を解説します

きちんと「dvdfab passkey」が動いてコピーガードを解除することができれば、このような画面が出てきます。

リッピング・ファイル作成

コピーガード解除以外の機能も「dvdfab passkey」のには入っており、ハードディスクにリッピングすることができます。設定画面から「ハードディスクにリッピング」を選択し、「dvdfab passkey」のアイコンがグレーになったら「dvdfab passkeyを有効にする」にチェックを入れてください。

保存したいファイルを選択し、リッピングボタンをクリックすると、フォルダへのリッピングがスタートします。

dvdfab passkeyの使い方を解説します

またiosファイルはCDやDVDやBlu-rayの中に入っているものをまとめたファイルのことです。やり方はとても簡単で「dvdfab passkey」をダブルクリックしiosにしたいファイルを選んでください。

dvdfab passkey」をクリックしツールバーもクリックしたら「イメージファイルにリッピング」を選択しましょう。するとポップアップが表示され、iosイメージファイル保存の場所を選んでください。

リッピングボタンをクリックしたらリッピングが開始されます。

dvdfab passkeyの使い方を解説します

Windows7以降はisoファイルをDVDに書き込めるようになりました。isoファイルが保存されているフォルダを開き、書き込みたいファイルを選んでください。

メニューの中から「ディスクイメージツール」→「書き込み」という流れで進めていきます。書き込みが完了すると、「ディスクイメージはディスクに正常に書き込まれました」と表示が出て「閉じる」を押したら終了です。

これでも心配な場合はDVDやBlu-rayが再生できるか確認しましょう。

 dvdfab passkeyの詳細設定

使い方を確認したところで、「dvdfab passkey」の設定の仕方をお伝えします。外国のソフトなので、「dvdfab passkey」を使う前にある程度設定をしておくとスムーズに使用することができるでしょう。

言語設定

まずは言語を設定しましょう。最初の段階では英語などの外国語です。

「dvdfab passkey」を起動し、オプションをチェックしてください。

dvdfab passkeyの使い方を解説します

「一般」→「言語」→「Japanese」を選択すると、すぐに日本語に設定されます。

DVD設定

続けてDVDの設定をしておきましょう。言語を設定した画面のまま行うことができます。

必要のないコピーガードの種類を選択し、「ディスクのリージョンコード」か「ディスクを開く前に確認する」を選んでください。「ディスクを開く前に確認する」に設定しておけば、ディスクを読み込む前に以下の画面が出てきます。

dvdfab passkeyの使い方を解説します

DVDの読み込みの際に読み込みエラーが出てしまったら、設定の変更をしてみましょう。不都合が改善する可能性があります。ちなみにBlu-rayは対応していないので、気を付けてください。

Blu-ray設定

使用しているドライブをチェック入れるとドライブが無効になります。

「ドライブH:DVD Passkeyが有効ではありません!」とメッセージが出た時は「除外」→「ドライブ」→「デバイス」の順で外していき、改めてリッピングしてみてください。

dvdfab passkeyの使い方を解説します

Blu-rayプレイヤーのリージョン設定を変更も可能ですが、この設定をリセットしておけば、海外のBlu-rayディスクも制限なしで鑑賞するこができます。

dvdfab passkeyを使用している時の注意点

万能なコピーガードソフトですが、中にはコピーを外せないケースもあります。一部の海外のディスクや「dvdfab passkey」に入っていない形式で作られたDVDです。その場合は別ソフトを使って試すことになります。

また、コピーガードを外して作ったディスクを転売することは法的に違反です。著作権侵害などに抵触しますから、個人で楽しむためだけに使ってください。

まとめ

dvdfab passkeyの使い方を解説します

とても便利なコピーガード解除ソフト「dvdfab passkey」は、購入することもできますが先に30日間お試しをすることが可能なのでそこから使ってみることをおすすめします。

無料版の「dvdfab passkey life」もありますが、有料版に比べて対応しているコピーガードが少ないので最新のものは解除できません。

有料版ならコピーガードを解除するだけでなく、リッピングやiso作成もできますので、コピーガード解除ソフト導入を検討されている人はぜひ「dvdfab passkey」をご検討ください。

-DVD・BD