2022年9月28日

CDを購入してパソコンに入れると、そのファイルは.cdaという拡張子になっています。

このファイルがCDAファイルと呼ばれています。

CDAファイルには音楽の情報は入っておらず、音声トラック情報を記述しているだけのインデックスファイルです。

したがって、このままではパソコンに取り込んでも音楽として聴くことはできません。

もちろん、他のデバイスに移すこともできないのでCDを入れないと音楽が聴けない、という状態になります。

・CDの音楽データをパソコンに取り込んで、好きな時に好きな音楽を聴きたい。

・CDの音楽を別のデバイスに入れて持ち運びたい

・自分だけのオリジナルアルバムを作成したい

このような方は本記事を読むことでCDの音楽を自由に扱うことができるようになります。

基本的に特別なソフトは必要ありません。

本記事ではWindows、Macそれぞれでの操作方法を丁寧に説明するとともに、おススメのフリーソフトも紹介します。

MP3に変換する理由とメリット

家で音楽を聴くにはわざわざMP3に変換なんて面倒なことはしなくても良いでしょう。

では、なぜCDAファイルをMP3に変換するのでしょうか?

一番多い理由は車で音楽を楽しみたい、というもの。

今の時代、Bluetoothでスマホの音楽を再生できるから、必要ないでしょ。

そう思うかもしれませんが、実はBluetoothだと音質が少し落ちると言われています。

少しでも良い音でドライブを楽しみたいという方はMP3に変換してSDカードに入れたりCDに焼いた方が良いでしょう。

WindowsCDAファイルをMP3ファイルに変換する方法

作業自体は難しいことはありません。

手順通り行ってもらえればパソコン初心者でも十分行えますので安心してついてきてください。

Windows media playerを起動する

Windowsの場合、標準で備わっているWindows media playerを利用します。

画面左下の検索窓(虫眼鏡のところ)にmediaと入力するとすぐに出てきます。

CDAファイルをMP3に変換する方法|超簡単図解付き

すると、Windows media playerが立ち上がります。

取り込みたいCDをパソコンに入れておいてください。

CDの音楽データをMP3で取り込む

続いてパソコンに入れているCDの音楽データを取り込みます。

この取り込みをせずにデータだけ移行しようとすると、CDAファイルのままとなります。

CDAファイルをMP3に変換する方法|超簡単図解付き

このようにパソコンに入れているCDの情報が表示されているはずです。

この状態で『CDの取り込み』をクリックします。

もし、『CDの取り込み』という表示がない場合は下の部位をクリックすれば出てくると思います。

CDAファイルをMP3に変換する方法|超簡単図解付き

すると、取込オプションが表示されます。

以下の通り『取り込んだ音楽にコピー防止を追加しない』をクリックしてください。

続いて、『CDから取り込んだ音楽が~理解している』のところのチェックボックスにチェックを入れてOKを押します。

CDAファイルをMP3に変換する方法|超簡単図解付き

すると、緑色のインジケータが表示されて1つずつ取り込まれていきますのでしばらく待ちます。

これで音楽のファイルをMP3としてパソコンに取り込むことができました。

CDAファイルから取り込んだMP3の音楽データを確認する

取り込んだデータを見てみましょう。

先ほども利用した画面左下の検索窓に『エクスプローラー』と入力してください。

CDAファイルをMP3に変換する方法|超簡単図解付き

左側に並んでいる項目の中から『ミュージック』というフォルダをクリックします。

CDAファイルをMP3に変換する方法|超簡単図解付き

このフォルダの中に先ほど取り込んだ音楽のMP3ファイルが入っているはずです。

デフォルトの保存先はおおよそここになっているはずです。

MacCDAファイルをMP3ファイルに変換する方法

Macユーザーの方はWindows media playerは利用することができません。

その代わりにiTunesというソフトがインストールされていますので、そちらを利用します。

もしまだインストールされていない場合は、こちらからインストールしてください。

もちろん無料でご利用頂けます。

MP3ファイルに変換できるようにiTunesを設定する

まず、iTunesを起動してください。

続いて、上にある『編集』というところをクリックしてから、下の方に出てくる『設定』というところをクリックしてください。

CDAファイルをMP3に変換する方法|超簡単図解付き

設定をクリックすると『一般環境設定』という画面が出てきます。

その中にある『インポート設定』というところをクリックします。

CDAファイルをMP3に変換する方法|超簡単図解付き

するとインポート設定の画面が表示されます。

一番上のインポート方法というところをクリックするといくつか選択肢がでてきます。

今回は一番汎用性が高いMP3に設定します。

他のファイル形式が良い方はここで別の設定にして下さい。

CDAファイルをMP3に変換する方法|超簡単図解付き

これで設定はOKです。

実際にMP3ファイルを作成する

MP3ファイルを作成するのはとっても簡単です。

まず、変換したい音源が入っているCDをドライブに入れます。

Macの場合ドライブがついていないパソコンもあるので、その場合は別売りの備品を購入する必要があります。

iTunes storeで購入した音楽なら入れる必要はありません。

そして、iTunesのトップの左上にある『ファイル』というタブをクリックしてください。

続いて、『新規バージョンを作成』→『MP3バージョンを作成』と進めばOKです。

保存されたMP3の音楽ファイルは『iTunes music』のフォルダに入っていることが通常です。

『My documents』から『My music』へ進み、さらに『iTunes』というフォルダの中にあるはずです。

CDAファイルをMP3に変換するフリーソフト

ここまで記載してきたWindows media playerやiTunesもお金がかかるものではないのでフリーソフトとも言えます。

何かしらの理由でどちらも使えない方や、もっと効率的に大量にMP3に変換したい方もいると思います。

そこで、インターネット上で手に入るフリーソフトを調べてみました。

CDAファイルのMP3変換ソフト|動画変換 究極

CDAファイルをMP3に変換する方法|超簡単図解付き

DVDリッピングや動画の編集などが可能なソフトです。

名前がまさに自信満々な感じですよね。

MP3以外にも様々なファイル形式に対応しています。

操作はファイルをアップして書き出すファイル形式を選択するだけなので簡単です。

Macにも対応しているというのが、Macユーザーにはありがたいですよね、ほとんどのフリーソフトはWindows対応ですから。

レビューを見てみたのですが、あまり良い評価ではありませんでした。

こちが2021年12月時点でのレビューです。

CDAファイルをMP3に変換する方法|超簡単図解付き

ソフトの動作が悪い、カスタマーサービスが悪いなど、色々と書かれています。

無料版では機能の制限があるので本格的に使うなら有料版になるでしょう。

1カ月の料金が3,960円、永久ライセンスが7,980円です。

普通に考えれば永久ライセンスの方が明らかにお得ですが、まずは無料版で試してみてから購入を検討してみて下さい。

CDAファイルのMP3変換ソフト|Exact Audio Copy

CDAファイルをMP3に変換する方法|超簡単図解付き

ホームページhttps://freesoft-100.com/review/exact-audio-copy.php

こちらは完全無料のフリーソフトのようです。

ダウンロードも簡単にできますし、日本語にも対応しています。

オンラインでマニュアルもあるので記載の通りに進めていけばすぐにMP3に変換できます。

対応しているファイル形式はWAVとMP3です。

レビューを見ていてもなかなかの高評価ですね、一度試してみる価値がありそうなフリーソフトです。

2021年12月時点でのレビューがこちらです。

CDAファイルをMP3に変換する方法|超簡単図解付き

文字化けに関するコメントが多いのですが、それでもメリットが大きいと感じているユーザーが多いようです。

CDAファイルをMP3に変換する方法|超簡単図解付き

こちらも完全無料のフリーソフトです。

日本語表記に対応していますし、操作がシンプルです。

CDを入れると自動的にデータを読み込んでくれます。

アーティスト、アルバム、タイトル、トラック、年、ジャンルの情報などを自動で設定してくれます。

あとは再生ボタンを押すだけでMP3をはじめとする各種ファイルに変換してくれます。

変換対応はMP3 / MP4/M4A / WMA / Ogg Vorbis / FLAC / AAC / Bonk と豊富ですので様々な形式が欲しい方には良いのではないでしょうか?

レビューはかなりの高評価、古くからあるソフトの要で長年愛用しているファンも多いようです。

2021年12月時点でのレビューがこちらです。

CDAファイルをMP3に変換する方法|超簡単図解付き

タグの情報が保存されるのがありがたいですし、特に目立ったバグもないようですので低評価が1つもありません。

試してみる価値ありですね。

オンラインでCDAファイルをMP3へ変換できるサイト

CDAファイルをMP3に変換する方法|超簡単図解付き

色々調べているとなんとオンラインで解決してしまうサイトを見つけました。

Anyconvというサイトです。

CDAファイルをドラッグアンドドロップで四角の枠内にアップロードするだけでMP3に変換できるとのこと。

インストール不要なのでとても便利ですが、オンライン系はなんでもそうなのですがセキュリティ面に不安があります。

こちらのサイトでも『1時間後にサーバーから自動的に削除されます』とありますが、1時間はサーバーに残るとも言えます。

著作権やプライバシーなどの点からは使用については慎重にお願いします。

レビューなどもまだないので新しいサイトなのかもしれません。

最も操作が簡単なのはこのAnyconvだと言えますので、リスクを承知の上でやってみてもよいという方は使ってみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

基本的にはWindows media playerとiTunesでそれほど負担なくCDAからMP3に変換できます。

より簡単さを求めるならAnyconvも選択肢に入りますが、都度アップロードするならWindows media playerをはじめとする各種フリーソフトの方が利便性は高いかもしれません。

音楽ライフをもっと楽しむためにも、一度試してみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。