2022年11月18日

katfileは、クラウドストレージを活用するための便利なツールです。ここでは、アカウント作成からプレミアム版までの手順を解説します。ダウンロードの利用には、ウイルス感染や違法な問題が発生するリスクがあります。また、代替アップロードサイトの紹介や、katfileの安全な利用方法についても紹介します。

「katfile」の自動更新をオフにする方法

 

「katfile」は買い切りタイプなので自動更新は設定されていません

切れた場合は再購入の必要がありますので設定しましょう。

「マイアカウント」→「拡張プレミアム・アカウント」から追加購入可能です。

 

一生プランでは必要ありません。

 

「katfile」のファイルダウンロード方法

 

 

1.ほしいファイルのリンクを探します。

2.ダウンロードタイプの「高速ダウンロード」をクリックします。

 

3.ロボット認証があるのでチェックを入れて送信

 

4.ダウンロードページに飛び、「ダウンロードするにはこちらをクリック」ボタンを押します。

 

 

プレ垢持ちなら「JDownloader2」の使用がおすすめ

 

ブラウザダウンロードでは、ダウンロードの途中で切断されると、また一からダウンロードを始めなければなりません。また、並行してダウンロードを行うと速度が低下しがちです。

【JDownloader2】は、そんな状況を改善する高性能なダウンローダーです。
このダウンローダーは、海外のアップローダーをはじめ、さまざまなサイトに対応しています。

 

katfileの危険性

クラウドストレージを利用する際に、Katfileというサービスを利用することで、簡単にデータを移動できることはお分かりいただけたと思います。しかし、Katfileを使用することで問題が発生する場合もあります。

ここでは、Katfileをはじめとするクラウドストレージサービスを利用する際に起こりうるトラブルについてご紹介します。今後、クラウドストレージの利用を検討されている方は、どのようなトラブルが発生するのかを把握した上で、ご利用ください。

【katfileの危険性】①ウイルス感染リスク

Katfileなどのクラウドストレージサービスを利用する際の注意点として、まず挙げられるのは「ウイルス感染の可能性」です。前述の通り、クラウドストレージはインターネット経由でデータを保存できるサービスです。

そのため、クラウドストレージを利用する際には、インターネットにアクセスする必要があります。最近、スマートフォンのウイルス感染による不具合の復旧が増加しています。

クラウドストレージを活用することで、自分のスマートフォンやパソコンがウイルスに感染し、データが削除されたり、盗まれたりする可能性があります。

【katfileの危険性】②ダウンロードで逮捕される

Katfileは、自分のパソコンのデータをクラウドストレージで管理できるため、とても便利なサービスです。

また、必要であればいつでもどこでも自分のデータをダウンロードすることができますが、逆に言えば、いつでもどこでもインターネットにアクセスできる環境であれば、クラウドストレージにアクセスすることができるようになるわけです。

もちろん、自分のデータであれば自由にダウンロードできますが、例えば他人のデータや共有データを違法にダウンロードしてアクセスしたり、違法にダウンロードしたりすると、犯罪となり逮捕される危険性があります。

 

【katfileの危険性】③情報漏洩の可能性

Katfileのクラウドストレージを利用する上で最も注意しなければならない点は、情報漏えいのリスクです。

これまで何度もお伝えしているように、クラウドストレージはインターネットに接続できる場所であれば、誰でもアクセスすることが可能です。もちろん、Katfileのアカウント情報を適切に管理していれば、不正アクセスされる可能性は低いでしょう。

しかし、Katfileのアカウントが誤って盗まれたり、不正にアクセスされたりすると、お客様のデータが流出する危険性があります。そのため、ウィルス対策や情報漏えいの危険性を十分に考慮した上で、Katfileをご利用ください。

 

katfileを安全に使う方法

 

Katfileの活用に際してのコンピュータウイルス感染やデータ漏洩のリスクについてご紹介します。

 

(1)個人データ管理に限定して利用する

 

Katfileを安全に活用するための第一のポイントは、個人データ管理にのみ使用することです。前述のとおり、クラウドストレージは、インターネットにアクセスできる人であれば、どこからでもデータをダウンロードすることが可能です。

そのため、万が一Katfileのアカウントが盗まれ、データ流出の危険性がある場合は、Katfileで個人データのみを管理するようにしましょう。そうすることで、不正アクセスや不正ダウンロードの危険性をある程度防ぐことができます。

 

(2) ウィルス対策ソフトを利用する

 

そして、Katfileやインターネットにアクセスする機器やパソコンには、必ずウイルス対策ソフトを導入してください。ウィルス対策ソフトには、無料ソフトから高価なソフトまで様々な種類があります。

まずは手ごろな価格のウィルス対策ソフトを導入し、必要に応じてウィルス対策ソフトを追加で導入することをお勧めします。インターネットに接続できるパソコンであれば、ウイルスに感染する可能性があり、個人情報が漏えいする危険性もありますので、ウイルス対策は十分に行いましょう。

 

(3)端末の動作を確認する

 

最後に確認するのは、端末の挙動です。端末がウイルスに感染していると、挙動がおかしくなります。

勝手にアプリがダウンロードされるなど、おかしなことがないか確認しましょう。

Katfile以外にも多くのアップロードサイトがあります。特に海外ではアップローダーサイトが多く、「Media uploader」「FileJoker」などが人気です。日本国内でも「白猫アップローダー」や「Imepic」などのアップローダーサイトがあります。

しかし、最近ではクラウドストレージタイプを活用する人が増えており、クラウドストレージタイプでは「Google Storage」や「DropBox」などが有名です。自分に合ったクラウドサービスを利用するのが一番です。

なお、同人誌をダウンロードできるアップローダーサイトについては、以下の記事をご覧ください。

 

まとめ

Katfileの使い方と危険性についてご紹介しました。クラウドストレージはとても便利なサービスですが、トラブルが起こる可能性もあります。

そのため、クラウドストレージやインターネット関連サービスを利用する際は、事前に準備や学習をしておくことをおすすめします。安全に利用すれば、クラウドストレージは仕事の効率化にもつながりますので、ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です