2022年9月29日
ブルーレイBDとは?

外見上、ブルーレイディスクはDVDディスクと同じように見え、原理や使い方にも大きな違いはありません。進化したDVDディスクとして扱えばいいです。

一方、動作環境、必要なハードウェアおよびディスのクデータを操作するためのソフトウェアに関しては、DVDを扱うためのものが通用しないときが多いです。

この記事では、Blu-ray BDとDVDとの主な違い、ブルーレイをリッピングするために必要な環境とソフトについてまとめています。 BDディスクを使用される方のお役に立ていただければと思います。

ブルーレイ

DVDとBD(ブルーレイ)の歴史を簡単に振り返る

DVD

元々はDigital Video Discの頭文字をとったもので、1995年に正式に導入されました。未だに後継フォーマットであるBlu-rayに淘汰されておらず、最も広く使われている映像記録媒体として圧倒的な存在感があります。

その重要な理由の一つは、DVDが発売当初、欧米や日本などの原産国で非常に人気があったことです。(ソニーや東芝が初期の技術規格の策定に重要な役割を果たした)。

発売当時、テレビ放送がアナログからデジタルに移行し始めていたため、VTRやビデオVHSテープの生産量が減り、その代わりに小型で安価だったDVDが人気になっていました。そこから、欧米や日本はDVDレコーダーを使ってデジタルテレビ番組を録画してディスクに焼く習慣を持ち始めました。

[st-card myclass="" id="237" label="関連記事" pc_height="" name="地上デジタル放送とBS・CSデジタル放送とは?DVD記録・コピーとの関係は?" bgcolor="#ffb700" color="#ffffff" webicon="" readmore="on" thumbnail="on" type=""]

ブルーレイ(Blu-ray・BD)

ブルーレイディスク(略称:BD)は、DVDに次ぐ次世代のディスクフォーマットの一つで、高品質のオーディオやビデオ、大容量のデータを保存することができます。ブルーレイディスクは、ソニーやパナソニックなどの企業連合が開発した次世代規格で、2006年に普及活動を開始しました。

ブルーレイ波長

日本や米国など多くの国で行われているHDTV番組の録画にBDがよく使われています。一方、HDテレビ放送、VODサービスまたは大容量ストレージの普及は高精細再生と大容量ストレージのいずれの面においてもBDと競合関係を成しています。

DVDとブルーレイBDの違いについて

ブルーレイの視聴品質とBDの容量について

映像品質に関して、ブルーレイBDディスクがさらに優れた性能を発揮できます。

画質Blu-rayデジタル放送DVDアナログ放送
解像度 1920*1080 1440*1080720*480640*480
画素総数 207156万35万30万

デジタルテレビ番組を録画するのはやはりブルーレイディスクですね。或いはブルーレイの形式を模したAVCHD形式を使用するDVDディスクです。

DVDとBDのディスクは、物理的にはどちらも片面1層、片面2層の構造をしています。 規格としては、DVDはほとんどが片面で、BDには両面のものが多いです。具体的な容量は以下の通りです。

BD片面1層BD片面2層DVD 片面1層DVD 片面2層
25G50G4.7G8.5G

BDディスクは、DVDディスクの5倍以上の容量があることがわかります。またブルーレイディスクには3層や4層のXL(Extra Large)の規格もあり、容量は多くて100GBになります。

Blu-rayリッピング、読み込み、焼き込みに必要な機材

BDにしてもDVDにしても、必要な機器は主に光学ドライブとTVレコーダーです。光学ドライブとテレビレコーダーなどBDディスクに対応している機械は、一般的に下位互換となるDVDディスクの読み書きに対応していますが、古すぎるディスクや特殊なフォーマットのディスクをブルーレイドライブで読み書きできないというのも排除できるわけではありません。

光学ドライブには、大きく分けて3つのタイプがあります。

  • DVD-ROMドライブ:DVD/CDの再生はできますが、書き込みはできません。
  • DVDマルチドライブ/スーパーマルチドライブ:DVD/CDの再生/書き込みはできますが、ブルーレイディスクには対応していません。
  • ブルーレイディスク(BD)ドライブ:読み込み型と書き込み型ドライブがあり、どちらもBD/DVD/CDの再生ができます。書き込み型ドライブには、BD-R/BD-REドライブと記載されている場合があります。

物理的な耐久性とブルーレイの普及率

ブルーレイディスクはDVDに比べて高密度にデータを書き込めるため、同じ半径のブルーレイディスクでもDVDの数倍の情報量を保持することができます。その反面、BDディスクの単位面積当たりの情報量が多くなるため、傷などの物理的なダメージによるデータの消失や破壊がDVDディスクより起こりやすくなります。

DVDは割合に傷などの物理的なダメージに強いのが特徴です。多少の小傷があっても、ディスクに収録されている情報に大きな悪影響を与えにくいです。

乾燥した涼しい環境で適切に保管されていれば、DVDディスクの内容は何年経っても大きな影響を受けません。

消費動向調査

内閣府が発表している今年3月の「消費動向調査」における「主要耐久消費財の普及率」によると、2人以上の世帯における光ディスクプレーヤー・レコーダーの普及率は74.2%で、その中、ブルーレイの普及率は50.0%であり、DVDの普及率は45.4%です。

令和2年3月末のデータでは、DVDプレイヤー・レコーダーの普及率が47.4%で、ブルーレイが46.8%です。今年になって初めてBDがDVDの普及率を上回るようになりました。これからもBDの普及率が伸びていくでしょう。

ブルーレイのリッピングのため人気無料製品おすすめMakeMKV

MakeMKV

MakeMKVは、DVDやBlu-rayをリッピングできるフリーのツールです。非常に人気が高いです。理由はいくつかあります。

  • 完全無料
  • ブルーレイのディスクの入力ソースに対応しています。
  • AACSとBD+によって著作権保護されたデータを操作することができる
    (ブルーレイのコピーガードには対応できます。CPRMとAVCRECなどにはまだ対応していません。)
  • エクスポートされたムービーが「.mkv」という一般的な再生可能のフォーマットとなります。
  • Windows、MacOS、Linuxで完璧に動作できます。

他のDVDコピー用のソフトと同様に、MakeMKVでbdをリッピングする方法は非常に簡単です。ディスクを挿入し、出力コンテンツと出力先を設定して、「開始」をクリックすればいいです。 しかし、この過程でよく二つの問題が発生します。

インストールプロセスがシステムセキュリティやウイルス対策ソフトに危険源として監視され、正常にインストールされない可能性があるため、信頼を付加する必要があります。実際は安全性には問題がありません。

ソフトウェアは基本的に無料でご利用いただけますが、月に一度、アクティベーションコードを入力する必要があります。朗報は、アクティベーションコードが公式サイトなどから無料で入手できることです。 次はその使い方をご紹介しましょう。

公式サイトからブルーレイリッピングのフリーツールMakeMKVをDL

makemkvダウンロード

ホームページに入ってから直接「windows用MakeMKVをダウンロード」ボタンをクリックします。インストーラーのサイズは約20MBしかないので、起動後にデフォルト設定に従って次のステップをクリックして、次のステップに進みます。

インストールの過程でセキュリティ上のリスクがあるとウィルス対策ソフトが注意するが、無視すればいいです。インストールが完了すると、ソフトウェア全体で約100MBのサイズにとなります。

ブルーレイ リッピングを始める

まず光ドライブにディスクを挿入し、ディスクの内容の解析が自動で始まります。

そして、左のダイアログボックスで、出力したいチャプターを選択し、チャプタータイトルのメニューを展開して、さらに出力したいダビングとサブタイトルを選択できます。

MakeMKV手順1

最後に、出力先を設定して「Make MKV」というボタンをクリックして変換を始めるといいです。

MakeMKV手順2

この作業が完了すると、ブルーレイディスクのコンテンツは、「.mkv」というエクステンションで終わるHDビデオファイルに変換されます。

出力フォーマット

無料でbdリッピングツールのMakeMKVを使い続ける方法

MakeMkvの公式サイトで提供されている無料の検証コードを使用して、実質的に永久に無料でこのブルーレイリッピングのソフトを使用することができます。

最初のインストール後、30日間は完全な機能を持つmakemkvを無料で使用でき、1ヶ月おきに検証コードの入力が必要になります。しかし、良いことに、公式の無料検証コードが用意されているので、毎月、ソフトウェアの有効期限が迫ってきたら、公式サイトにアクセスして、最新の検証コードをコピーして、ソフトウェアを有効化することができます。

ここでは、最新の検証コードを入手できるおすすめの場所を2つご紹介します。

一つは、認証コード公式リリースページです。

次に、以下のmakemkv 認証コードの更新ページですが、常に最新の認証コードを利用でき、コードの有効期限をプレビューすることができるこの場所を利用することがもっと推奨です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。