2022年9月29日

今回の記事では、これからゲーム録画をしてみたいという初心者の方にも分かりやすく、画像付きで「ShadowPlay」の使い方を解説していきます。

ShadowPlay(シャドウプレイ)とは

 ShadowPlayは、NVIDIA社が製造している「GeForce Experience」というソフトに標準搭載されている録画機能です。GTX600シリーズというモデルに限定して利用することが出来、NVIDIA公式のソフトなので、ユーザーからの信頼性も高く、性能がそれほど良くないパソコンでも使用しやすいソフトです。

この録画機能の最大のメリットは、60FPS/2160Pという画質まで低負荷でゲームを録画できること、最大で20分さかのぼって録画が出来る「インスタントリプレイ」ができることです。

 さらに独自のコーデック、簡単に言うと動画の圧縮/伸長するプログラムを必要としないため、「GeForce Experience」をインストールするだけで簡単に使用できるのも魅力的な点です。

ShadowPlay(シャドウプレイ)を使用する前の注意点!

ShadowPlayは他の録画ソフトと違い、対応しているグラフィックボードと対応していないグラフィックボードがあります。ちなみにグラフィックボードとはディスプレイに画像や映像を映すための部品のことです。

ソフトをダウンロードしても起動できない、表示されないといった場合は、グラフィックボードが対応していない可能性が高いので、自身が使用しているグラフィックボードが対応しているか確認方法は以下の通りです。

  • PC画面左下の「Windowsマーク」を右クリックし、「タスクマネージャー」を選択します。
  • 「詳細」をクリックします。
  • 「パフォーマンス」タブを開き、「GPU」をクリックします。

赤枠の部分が「Geforce GTX 600番台」以降のGPUを搭載したPCでないと使用できません。もしお使いのパソコンが対応していない場合は、Geforce GTX 600番台以降のグラフィックボードをインターネットで購入することが出来るので増設しましょう。

ShadowPlayをダウンロードして起動

1まず、ShadowPlayは「Geforce Experience」の機能のため、公式サイトのダウンロードページ(https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/geforce-experience/)から「いますくダウンロード」をクリックします。

2 ダウンロードが完了したら、ダウンロードファイルをダブルクリックし、表示される画面の案内に従いながらインストールをします。

3 インストールが完了し、ソフトを起動したらログイン画面が表示されます。ここでログインをしないと、ソフトを利用できないので注意しましょう。アカウント作成が面倒なら、Googleアカウントでもログイン可能です。

ShadowPlayをダウンロードして起動

4 ログインしたら、ホーム画面右上の歯車マークをクリックします。

5 歯車マークをクリックし、ゲーム内のオーバーレイというところクリックすると、オーバーレイが有効化されます。

6.オーバーレイを有効化したら、[Alt]+[Z]キーで設定を開きます。

上記の画面であればOKになります。

ShadowPlayの設定

ShadowPlayを使って録画する前に必要な設定を行います。色々な設定項目がありますが、全てを1つ1つ説明するとかなりの量になってしますので、主要な部分と重要な部分に絞って解説していきます。

設定画面はオーバーレイを表示させ、右側にある歯車マークをクリックします。

ShadowPlayの設定

録画動画の保存先を設定

まずは、録画した動画の保存先を設定します。「一時ファイル」のタブは触らなくて大丈夫です。保存先は容量の多いHDDに設定することです。また、フォルダの名前を分かりやすいのにしておくと後々確認する際に便利です。

配信に関する設定

次にブロードキャストライブ時の配信設定についてです。ここでは画質を設定しましょう。解像度は最大「1080pHD」、フレームレートは「60FPS」でOKです。ビットレートは高く設定してしまうと画質が良くなる代わりに配信が重くなってしまうので、注意してください。

配信に関する設定

音声やマイクの音量設定

次は音声やマイクの音量についての設定です。ここではゲームの音声マイクの音声を別々に設定することが出来ます。

音声やマイクの音量設定

「両方のトラックを分離する」をクリックすると、マイクの音声は別撮りになります。ただ、編集時の設定が面倒なため、アップロードに手間がかかりますので、あまりおすすめはしません。

もし音声を別に録音したい場合は、音声だけを「Audacity」という無料ソフトで別撮りしたほうが編集が楽なので実況動画などをアップするときにおすすめです。

ビデオキャプチャの画質設定

ここが最重要の設定項目になります。ここで画質などを設定します。

ビデオキャプチャの画質設定

1.初期設定時では、インスタントリプレイの長さは「過去5分間の映像を保存」になっていますが、ここで最大20分まで伸ばすことが出来ます。

2.クオリティについては色々と細かく設定できますが、カスタムを推奨します。

3.解像度は1080pHDで十分です。解像度を上げれば上げるほど画質は良くなりますが、動画の容量は大きくなってしまうので、注意が必要です。

4.フレームレートは30FPSか60FPSが選択できますが、60FPSのほうが画面がヌルヌル動くのでおすすめです。

デスクトップキャプチャを有効にする

プライバシー管理にあるデスクトップキャプチャをONにすると、デスクトップ画面の録画も可能です。

デスクトップキャプチャを有効にする

これまではフルスクリーンのゲームしか録画できませんでしたが、今は色々と改良されたことでデスクトップ画面も録画できるようになりました。

キーボードのショートカット設定

キーボードのショートカット設定

キーボードショートカットで、インスタントリプレイON/OFFの切り替え、録画、ブロードキャストなどの設定が出来ます。

勿論、既存の設定でも問題ありませんが、行うゲームによっては設定が被ってしまうことがあるため、確認しながら設定することをおすすめします。

これでゲーム画面を録画するまでの設定が完了しました。

実際にゲーム画面を録画する

ここまでの設定が完了したら、実際にゲーム画面録画します。

ゲームの録画を始めてみよう

今回はPUBGのゲーム画面を用いて説明していきます。まずゲームを起動し、キーボードの[Alt]+[F9]キーを押します。

ゲームの録画を始めてみよう

引用元:https://store.steampowered.com/app/578080/PUBG_BATTLEGROUNDS/

PUBGはShadowPlayに対応しているので、上記のように画面右下に緑色のアイコンが表示されます。

ここで重要なことは、録画のキー操作よりもゲーム起動が先ということです。これはゲーム画面が録画対象であることをShadowPlayに認識させるためです。

録画に成功すると、画面右下に緑色のアイコンが表示されます。このアイコンが表示されないと録画できていないので注意してください。録画が出来ていると思っていて、実は録画できてなかったということがたまにあります。

もし録画開始キーをして「デスクトップキャプチャをONにして、録画を開始しますか?」というメッセージが表示された場合、「はい」を選択してください。

ゲームの録画を始めてみよう

録画した動画の保存先

次に録画した動画を確認します。キーボードの[Alt]+[Z]キーを押すとオーバーレイ画面が表示されるので、右側の「ギャラリー」をクリックします。

録画データの保存先

そうすると録画した動画のサムネイルが出てきますので、該当のサムネイルをクリックし、「ファイルロケーション」を開きます。

録画データの保存先

基本的には、ShadowPlayでゲーム録画するとタイトルごとにフォルダーが作成されるので、録画したゲームを該当のフォルダーに保存します。

録画データの保存先

ただ、後程説明するデスクトップキャプチャ機能でゲームを録画した場合、ゲームタイトルごとではなく、「Desktop」というフォルダー内に動画が全て保存されるので、注意が必要です。

録画データの保存先

もし録画動画の保存先を変更する場合は、キーボードの[Alt]+[Z]キーを押し、歯車アイコンをクリックして、「録画」から「ビデオ」で設定することができます。

録画データの保存先

録画データの保存先

これでゲーム画面の録画と録画したゲーム動画の保存は完了です。

ShadowPlayのキャプチャ機能を設定する

ShadowPlayでは2つのキャプチャ機能があります。設定すれば他のゲーム画面も録画することができます。ここでは注意点とともにそれぞれの設定方法をご紹介します。

デスクトップキャプチャの設定方法

パソコン画面全体を録画する場合は、デスクトップキャプチャ機能を使用します。この機能設定をすることで、PCゲームだけでなく、他のゲーム画面も録画が可能です。ただ、設定する際の注意点が3点ありますのでこの機会に覚えましょう。

  • デスクトップキャプチャ機能はデスクトップPCのみ利用が可能(ノートPCは不可)
  • ゲーム画面内の録画範囲を指定することが出来ない
  • この機能で録画したデータは「Desktop」フォルダーに自動保存

デスクトップキャプチャの使い方は以下の流れになります。

1 これまで説明したように[Alt]+[F9]キーで録画を開始

2 下記のメッセージが表示されたら「はい」を選択

デスクトップキャプチャの設定方法

ちなみに上記画面は、デスクトップキャプチャが無効に設定されている場合、自動的にソフトが判断して表示されます。

用途が録画目的ならば、常時デスクトップキャプチャをONにして問題ありません。もしデスクトップキャプチャをOFFにしたい場合は、以下の方法を試してください。

まず、[Alt]+[Z]キーを押し、歯車アイコンをクリックすると、設定画面が開きますので、画面下にある「プライバシー管理」をクリックします。

デスクトップキャプチャの設定方法

そうすると以下の画面が出てくるので、OFFにします。

デスクトップキャプチャの設定方法

ウィンドウキャプチャの設定方法

PCゲームがウィンドウモードの場合には、ウィンドウキャプチャ機能を使えば録画が可能です。この機能を使用する場合は、上記でご説明したデスクトップキャプチャ機能をOFFにする必要があります。

まとめ

今回は、ShadowPlayのダウンロードから録画、保存方法までを解説しました。ShadowPlayは他にも色んな機能を設定することが出来ますが、全てを詳しく解説するととても読み切れないくらい長くなってしまうので、他の機能につきましては紹介できる機会がありましたらまた紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。