2022年11月18日

今回は、以前ご紹介したいくつかのサイトの変化をチェックしてみましょう 漫画村」「ほしのこえ」が閉鎖される中、健在のサイトがどのように変化しているのかを検証していきます。マンガをダウンロードせずにサイト内で読むことができるサイトをマンガ読書サイトと呼びます。今回は、このマンガ読みサイトをピックアップして、その変化を確認します。基本的には、サイトのURLが変わっているようですが、再確認することで検証していきます。「rawqq.com」「rawqqv.com」の変更点を調査します。

『rawqq.com』は今どうなった??

以前アクセスできた『rawqq.com』『hanascan.com』にサイト名とURLが変更になっているようだ。

『rawqq.com』にアクセスすると『hanascan.com』にリダイレクトされることから ただのURL変更があっただけの様だ。

いまなおキャプチャーごとにマンガが読める状態が続くぞ。

 

 

『rawqv.com』は今どうなった??

次に『rawqv.com』がどの様に変化したか確認していくぞ。サイト名が『rawqq.com』と『rawqv.com』で似ているが別サイトだ。

『rawqv.com』『mangahato.com』とサイト名URLが変更になっている。こちらも現在進行形でマンガ読めてしまうサイトのままの様だ。

 

RawQQの特徴

RawQQの特徴として感じていることを簡単に列挙します。

 

 

  • 漫画村より広告が少なく、軽い
    ビューワー画面が大きく見やすい
    サイト全体は英語だが、UIは直感的で使いやすい
    2000タイトル以上
    メジャーな漫画からマイナーな漫画まで揃っている

 

 

  • ポップアップ広告がうざい
    ヘッダーが必ず付く(※)
    一部掲載されていないタイトルがある

人によってはヘッダーを追うことをメリットと考えるかもしれません。

 

上記の内容や、その他私が感じたことをこの後画像付きで詳しく説明します。

 

結論から言うと、ポップアップ広告がなく、タイトルがもう少し多ければ「漫画村」の完全上位互換になるかと思います。

 

ポップアップ広告は本当に鬱陶しいので、この一点が「RawQQ」の最大のデメリットです。

ただし、肝心のマンガ閲覧画面にはポップアップ広告が表示されないので、これは限定的なデメリットと言えるでしょう。
*追記:マンガ閲覧画面にもポップアップ広告が表示されるようになりました。

 

では、実際のサイトを下から見てみましょう。

 

 

トップ画面はスッキリしていて見やすい

本来なら、左右の黒枠にデカデカと広告が貼って合ってもおかしくないが、「RawQQ」は全く広告がない。

強いて言えば、右下にチラリと写っているポケ○ンくらい。

manga_rawqq (2)

注:他の違法サイトと比較すると、目に見える部分の広告は圧倒的に少ないです。しかしその分、ポップアップ広告が目立ち、非常に鬱陶しく感じました。

 

人気ランキングに疑問点有り

先ほどの画面から下へスクロールすると、サイトバーに「一週間、一ヶ月、一年」と単純に見られた回数=人気順に5作品が並んでいる。

まぁよくある人気ランキングなのだけど…

manga_rawqq (3)

 

ここで気になったのが「TOP YEAR」つまり一年間で見られた回数のランキングが存在している点。

 

このサイトは2018年の5月頃に開設されたとみられるので「年」のランキングがあるのはちょっとおかしい。(ちなみに、トップは聞いたこともないような漫画でした。)

 

サイドバーカテゴリのランキングは意図的に操作されている可能性があるので、少なくとも「年間のランキング表示」はあまり参考にはならないかもしれません。

 

コメント欄も完備

さらに下へスクロールすると、今度はサイドバーにコメント欄が。

コメントの内容は全体的に「漫画が読めないよ!」「〇〇作品の〇〇章をUPお願い!」

ほぼこの2点。コメント機能はログイン制で、会員登録しないとコメントできない仕様。

 

ちなみに会員登録は

  • メールアドレス
  • Facebookアカウント
  • Google+アカウント

以上3点のいずれかで可能だけれど、オススメはしません。というか情報抜き取られて終わりだと思うので、やめておきましょう。(ここでも解説しません)

manga_rawqq (4)

 

ちなみに、このトップページで左のコンテンツ部分にカーソルを合わせると、その漫画の主要情報がプレビュー表示されます。

内容は「サムネイル、タイトル、作者、カテゴリー、更新時期、閲覧回数、あらすじ」

 

この手のサイトにしては凝ってる印象を受けました。さらにメインコンテツなども、細かいところで凝ってます。それが下記↓

 

メインコンテンツはやたらと凝ってる

読みたい漫画をクリックしたら、ジャンルによっては以下のポップアップが表示される。

manga_rawqq (1)

ちなみに、私が検証に選んだのはECCHIなぶつではございません

ここは声を大にして言いたい。

 

そして「I AGREE」をクリックして次の画面へ

manga_rawqq (5)

 

モザイクは掛けているのだけれど、恐らく画像だけで分かる人には分かるタイトル。まぁ深くは考えず、こちらを今回検証材料に選びました。

 

画面上に「サムネイル、タイトル、作者、カテゴリー、更新時期、閲覧回数、あらすじ」他にはブックマーク機能まであります。(要会員登録)

 

そして下へスクロールすると

manga_rawqq (6)

※タイトル右側の「Download」は絶対にクリックしないでください。

ここからモザイク部分の漫画タイトルをクリックしたら別タブが開き、漫画が読めます。

 

一つ注意点があり、ここでポップアップ広告が表示される可能性があります。表示されたらすぐに閉じましょう。

 

 

漫画の検索方法は3種類

標準の検索方法:【Search】

一番スタンダードな方法ですね。追従してくるヘッダーにあるので、そこから検索しましょう。

manga_rawqq (12)

注:漫画閲覧画面では表示されません。検索する場合はトップページなり他へ移動しましょう。

 

条件を指定して検索する:【ADVANCED SEARCH】

英語アレルギーの方にはちょっと厳しい画面ですが、難しいことはありません。

 

基本的に、自身の興味のあるジャンルを指定して漫画を検索するときに使う感じですね。

中にはマニアックなジャンルもありますが、記事執筆時点では2100冊ほどあったので、希望の漫画が見つかる可能性は高いと思います。

manga_rawqq (10)

 

言語は日本、中国、韓国とありますが、あるのはほぼ日本の漫画ですね。

 

重要な点は、クリック一回でチェックボックスが切り替わる点。【☑=オン、☒=オフ、空白=指定なし】

その他は使用機会は少ないと思うので、割合します。

 

全漫画から一覧で調べる:【MANG LIST】

こちらは現在サイト内に存在する全ての漫画が表示されます。

簡単な「名前順ソート」や「昇順降順」など基本的な機能は揃ってますね。

 

そして先ほど少し触れた「年間ランキングトップ」の作品も載っています。

manga_rawqq (11)

 

次項から「RawQQ」での実際の漫画閲覧画面を見ていきたいと思います。

 

 

 

RawQQの代わりに無料漫画サイト8選

 

①HanaScan.com

HanaScanは「漫画村」の後継海賊版サイトの1つです。キメツノヤイバ」「デスラバ」などの人気作も読むことができます。最新刊も多くアップロードされているのが特徴です。ただし、「ハナカン」はサイトの安全性が著しく低いと言われています。というのも、マンガを読むにはファイルをダウンロードする必要があるからです。前述したように、ファイルのダウンロードにはウイルスに感染する可能性があります。利用する際には注意が必要でしょう。

②LoveHeaven

"LoveHeaven "は、"LHScan "が名前を変えたサイトと言われています。様々な漫画が閲覧できますが、他のサイトと比べると新作漫画は少ないようです。閲覧するだけなら、基本的にウイルス感染の危険性はありません。ただし、広告が多い。広告の多さが気にならない方、長年愛され続けている作品を読みたい方におすすめです。

③kissLove

"kisslove "も海賊版サイトの一つです。マンガを無料で読むことができます。アダルトコミックからボーイズコミックまで、様々なジャンルの漫画がアップロードされています。利用する人を選ばないサイトと言えるでしょう。ただし、動く広告が多いので、うっかり広告をクリックしないように注意が必要です。

④manga freak

"manga freak "は海外向けの海賊版サイトです。マンガの種類はたくさんありますが、日本語で書かれたものはあまりなく、すべて英語に翻訳されています。そのため、海外向けとなっている。また、スパムソフトに誘導するようなリダイレクト広告もある。注意が必要なようです。マンガで英語を勉強したい人にはいいと思います。

⑤MANGA11

"MANGA11 "は、サイト名を変更して "Komiraw "が運営しています。最新マンガのラインナップが豊富で、雑誌に連載されている最新作も掲載されているようです。人気作品であれば、連載誌が発売されてから数時間後に最新話が公開されています。ダウンロードしなくても読めるので、安全だと考えていいでしょう。ただし、このサイトでも広告には注意が必要です。

⑥Sakura Manga

"Sakura Manga "は、ベトナムで運営されていると思われる海賊版サイトです。もともとはベトナム人が日本語を学ぶためのサイトだったようだが、いつの間にか違法アップロードが横行するサイトになっていた。しかし、閉鎖されたとも言われており、実際、現在はアクセスできない状態になっている。海賊版サイトが次々と摘発され自主的に閉鎖されていますが、昨日まで対応していたのに突然使えなくなることもあるのですね。

⑦MANGA ZIP

"MANGA ZIP "は、その名の通りマンガのZIPファイルをアップロードしているサイトです。キメツノヤイバなど有名な作品が多数アップロードされているようですが、このサイトは非常に危険ですので、注意が必要です。まず、ファイルをダウンロードする必要がありますが、違法にアップロードされたファイルであり、ウィルスが含まれている可能性があります。利用はお勧めできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です