2022年9月28日

漫画飯(まんがごはん、mangagohan)は閉店したのですか?
mangagohanの後継者、代替者はいるのでしょうか?

この記事は、あなたのような人のために書きました。

マンガは私たちにとって大きな楽しみであり、時には命の恩人でもあります。
もし、「マンガごはん」のような違法なマンガサイト(違法海賊版サイト)が突然閉鎖されたり、利用できなくなった場合、他に無料でマンガを読める方法を知りたいものです。

そこで今回は、「マンガごはん」の現状と、その後継サイトや代替サイトを紹介します。

目次 非表示

「漫画ご飯」が閉鎖と復活を繰り返している

マンガを無料で読めることで注目を集めたマンガ違法サイト「マンガごはん」ですが、現在閉鎖と復活を繰り返している状態です。

マンガRAW」「マンガPLAY」「13DL.NET」の代替として「マンガごはん」を利用していた人は、「漫画村」のように永久に閉鎖されるのではと心配しているのではないでしょうか。

マンガごはん」は「マンガRAW」ほど有名ではありませんが、サイトの見た目がきれいで、日本のマンガもたくさんあるので、とてもいいサイトでした。

漫画タウンの後継サイトとして注目を集めたこともある

漫画タウンの後継サイトとして注目を集めたこともある

漫画村は、2018年に閉鎖され、2019年に運営者が逮捕された違法サイトです。

漫画タウンは漫画村の後継サイトでしたが、数ヶ月で閉鎖されました。

また、漫画タウンの後継サイトとして注目されていたのが「漫画ごはん」です。

漫画村や漫画タウンは開設当初から有名だったが、漫画ごはんは最近になって有名になった。

他の違法サイトが次々と閉鎖されたことも、現存する「マンガごはん」サイトが注目される一因かもしれない。

閉鎖が噂される漫画rawのクローンサイトとの情報も

閉鎖が噂される漫画rawのクローンサイトとの情報も

マンガごはん」は、有名な違法サイト「マンガRAW」のクローンサイトと言われています。

マンガごはんのサイトを検索すると「RAW」という単語も出てくるので、マンガRAWの後継サイト、もしくは代替サイトである可能性が非常に高いです。

マンガRAWはサイト名を変えたり、サイトを閉じたりしながら生き残っている違法サイトの一つです。

しかし、マンガRAWにアクセスすると、違うサイト名が表示されます。マンガRAWは悪質な広告が多いので、絶対にアクセスしないでください。

更新が途絶えることもあり、閉鎖の噂がたびたび流れている

更新が途絶えることもあり、閉鎖の噂がたびたび流れている

Twitterでたびたび閉鎖が噂される「マンガごはん(漫画飯)」。

マンガごはんの閉鎖が噂される理由は、更新が止まっていることです。

マンガごはんは定期的にマンガをアップロードしており、更新が止まると「閉鎖したのではないか」と噂されます。

マンガごはんのような違法サイトは閉鎖の告知をしないので、更新があるかないかで閉鎖の時期を判断する人が多いようです。

マンガごはんは更新が途絶えるだけでなく、アクセス不能になることもあります。

アクセス不能が頻発すると、多くの違法サイトが閉鎖されます。

サイト内に登録やログインボタンがある

サイト内に登録やログインボタンがある

マンガごはんは、サイト内に登録ボタンやログインボタンがあることも特徴です。

登録ボタンやログインボタンがどのような目的で使用されているかは分かりませんが、違法なサイトである以上、個人情報が悪用される可能性は非常に高いです。

登録すれば何かいいことがある」と思って、うっかり「マンガごはん」のサイトに登録してしまうと、詐欺などの被害に遭う可能性があります。

マンガごはんに登録することはもちろん、サイトにアクセスすることも危険ですので絶対にしないでください。

漫画ご飯(漫画ごはん)は閉鎖されて見られない?似たクローンサイトが復活した?

漫画ご飯(漫画ごはん)は閉鎖されて見られない?似たクローンサイトが復活した?

ここでは、漫画ご飯(漫画ごはん)に似たクローンサイトについて確認していきましょう。

Mangapro.top|サイトにアクセスすると「まんがばんく」と表示される

Mangapro.top|サイトにアクセスすると「まんがばんく」と表示される

マンガプロ.topは、マンガごはんに代わるサイトとして注目されているサイトです。

Mangapro.topにアクセスすると、「マンガ飯」という表記とともに、「マンガ生」という表記があります。

インターネット上では、Mangapro.topはマンガごはん(マンガ飯)と同じRAW系であるという見解が多いようです。

マンガプロ.topでは、マンガだけでなく、ライトノベルも取り扱っています。

ただし、違法サイトであるため、様々なリスクがあると考えるべきでしょう。

ウイルスに感染すると、パソコンが故障したり、個人情報が流出して詐欺の被害に遭う可能性があります。

マンガプロ.topには絶対にアクセスしないでください。

KLManga|危険な広告が多く、ウイルスソフトの警告も表示される

KLManga|危険な広告が多く、ウイルスソフトの警告も表示される

マンガごはんに代わるサイトとして、KLMangaも注目されています。

しかし、KLMangaはマンガごはんよりもさらに悪質な違法サイトと噂されているので、閲覧には注意が必要です。

KLMangaは元々KissAwayという名前でしたが、名前が変更されました。

KLMangaはMangaQVと提携している違法サイトと言われており、KLMangaが閉鎖されても同系列の別のサイトが開設される可能性が高いです。

KLMangaのサイトは英語で、広告が異常に多いため、間違ってクリックしてしまう危険性がある。

ウイルスソフトの警告も頻繁に出るので、絶対にアクセスしないこと。

13DL.NET|漫画をダウンロードして読むリーチサイト

13DL.NET|漫画をダウンロードして読むリーチサイト

13DL.NETは、「マンガごはん」の後継サイトとしても名前が挙がっています。

13DL.NETは、マンガをサイト内で読むのではなく、ダウンロードするリーチサイトです。

2021年に施行される著作権法では、違法サイトからマンガをダウンロードして読む行為も処罰の対象になるとされています。

13DL.NETでマンガを読むことは、犯罪行為に直結するのです。

また、違法サイト「13DL.NET」でマンガをダウンロードすると、パソコンやスマートフォンなどの端末にウイルスが感染する可能性があります。

13DL.NETやマンガごはんなどの違法サイトでマンガを読むことは大きなリスクを伴いますので、絶対にやめてください。

MIKARAW.com|何度も名称が変更されている違法サイト

MIKARAW.com|何度も名称が変更されている違法サイト

マンガごはん」に代わるものとして、「MIKARAW.com」もネット上で話題になっています。

MIKARAW.comは、「マンガごはん」と同じRAW系の違法サイトである。

MIKARAW.comはMANGA11やHamirawなど、様々な名前で運営されていた。

違法サイトが頻繁に名前を変えるのは、出版社からの訴訟への対策と考えられる。

アクセス数の増加によりサイト名が有名になると、出版社から運営者情報の開示を求められることがある。

出版社から訴訟を起こされると、多くの違法サイトが閉鎖される。

MIKARAW.comは頻繁にサイト名を変えることで、サイトを閉鎖せずに生き残ろうとしているのかもしれない。

Manga Zip|漫画をダウンロードして読むシステムで、刑事罰の可能性大

Manga Zip|漫画をダウンロードして読むシステムで、刑事罰の可能性大

MANGA ZIPは、「マンガごはん」の後継サイトとして名付けられることがあります。

MANGA ZIPは、マンガごはんのようにサイト内でマンガを読むのではなく、ZIPファイルをダウンロードするヒルサイトです。

違法サイトからマンガをダウンロードする行為は、直接法律に違反する行為です。

ZIPファイルで漫画をダウンロードすると、ファイルを解凍する際にウイルスに感染する危険性があります。

MANGA ZIPは違法サイトであるため、個人情報を収集する悪質なウイルスが含まれている可能性があります。

MANGA ZIPでZIPファイルをダウンロードすること、またアクセスすること自体が危険ですので、絶対に行わないでください。

mangafreak|セリフやサイトの案内も英語などの外国語表記

mangafreak|セリフやサイトの案内も英語などの外国語表記

マンガごはん」に代わるサイトとして「MangaFreak」も話題になりました。

MangaFreakは、Manga Gohanと同じく、ダウンロードではなくサイト上でマンガを読むシステムである。

ただし、MangaFreakに掲載されているマンガは、セリフが英語や中国語などの外国語で書かれています。

マンガフリークでマンガを読むには、ある程度の英語力が必要です。

また、マンガフリークのサイトも英語なので、間違って広告をクリックしてしまう危険性があります。

マンガごはんなどの違法サイトの広告は悪質なものが多いので、ウイルス感染やフィッシング詐欺に遭うことも予想されます。

Senmanga|有名ではないが、長く運営している違法サイト

Senmanga|有名ではないが、長く運営している違法サイト

せんまんがも、まんがごはんの後継サイトとして名前が挙がっています。

Senmangaは違法サイトとしては長い間運営されてきました。

マンガごはん同様、Senmangaもあまり多くの人に知られていなかったので、出版社からマークされていなかった可能性があります。

また、Senmangaは日本語サイトではなく英語サイトですが、漫画内のセリフは日本語です。

ただし、かなり使いにくいという声もあり、間違って広告をクリックしてしまう可能性も高い。

また、「マンガごはん」や「Senmanga」などの違法サイトの広告は、クリックするとウイルスに感染する可能性があります。

MangaToro|漫画ご飯(漫画ごはん)の代わりのサイトとして話題になったが、閉鎖された可能性が高い

MangaToro|漫画ご飯(漫画ごはん)の代わりのサイトとして話題になったが、閉鎖された可能性が高い

また、「マンガごはん」の後継サイトとして「マンガトロ」が注目されていた。

しかし、現在、MangaToroはアクセスできなくなっています。

MangaToroはもともと「MangaSum」という名前で運営されていました。

現在、MangaToroのURLにアクセスしてもサイトが表示されないので、サイトが閉鎖された可能性が高いです。

MangaToroは、サイトの情報が英語で書かれており、漫画のセリフも英語であるため、利用するにはある程度の英語力が必要なサイトと言えます。

マンガごはんのような違法サイトは、一度閉鎖されると同じ名前で復活することは少ないので、今後もMangaToroが同じ名前で復活する可能性は低いと思われます。

SakuraManga|日本語と英語の表記が混ざっている

SakuraManga|日本語と英語の表記が混ざっている

また、マンガごはんの代替サイトとして、SakuraMangaの名前も挙がっていました。

SakuraMangaのサイトにアクセスしてみると、情報は日本語で書かれていますが、一部英語も混じっています。

マンガのセリフも日本語ですが、かなり重くて読みにくいと感じる人も多いようです。

さくらマンガはマンガごはんと同じく違法サイトなので、アクセスするだけでもリスクがあります。

さくらマンガやマンガごはんなどの違法サイトにはスクリプトが埋め込まれており、アクセスするだけで端末のリソースを使用してしまうものがあります。

また、違法サイトで漫画を読むことは法律違反になる可能性がありますので、絶対にやめましょう。

漫画PLAY|有名な違法サイトの後継ポジションだったが、現在は閉鎖

漫画PLAY|有名な違法サイトの後継ポジションだったが、現在は閉鎖

マンガごはん」の代替サイトとして「マンガPLAY」も挙げられていた。

しかし、Manga PLAYは2022年3月に閉鎖された。

マンガPLAYは、マンガバンクの後継サイトであるFbayが閉鎖された直後に設立された。

マンガPLAYは2022年1月に開設されたので、運営期間は3カ月ほどしかなかった。

マンガPLAYのルーツであるマンガバンクは、集英社から訴訟を起こされそうになり、閉鎖された。

マンガPLAYの閉鎖も、この訴訟が関係しているのではないかという見方が多いようです。

マンガごはんなどの違法サイトが、出版社からの開示請求や訴訟とともに閉鎖されるのは、もはやパターン化している。

【違法で危険】漫画ご飯(漫画ごはん)に似ている?類似・クローンサイト一覧

【違法で危険】漫画ご飯(漫画ごはん)に似ている?類似・クローンサイト一覧

漫画ご飯(漫画ごはん)に似ている類似サイトやクローンサイトについて調べてみました。

Manga Gohan(マンガゴハン)の類似サイト・クローンサイトの運営状況についても紹介します。

漫画ご飯(漫画ごはん)の類似サイト 運営状況
Mangapro.top 運営中だが、サイト名は「まんがばんく」と表示される
KLManga 運営中(危険な広告が多い)
13DL.NET 運営中
MIKARAW.com 運営中
Manga Zip 運営中
mangafreak 運営中
Senmanga 運営中
MangaToro 閉鎖された可能性が高い
SakuraManga 運営中
漫画PLAY 閉鎖
Manga Raw 閉鎖
漫画タウン 閉鎖
新まんが村 閉鎖
Rawrazy.com 閉鎖
Rawkuma 運営中

マンガごはん」の類似サイト・クローンサイトを調べたところ、現在も運営されているサイトもあれば、閉鎖されているサイトもあることがわかりました。

マンガごはん」のような違法サイトは、法律に違反するためすぐに閉鎖されます。

マンガごはん」のような違法サイトでマンガを読む人は、処罰の対象になる可能性があるので、絶対に利用しないようにしましょう。

漫画ご飯(漫画ごはん)の代わり&後継でよくある質問

漫画ご飯(漫画ごはん)の代わり&後継でよくある質問

最後に、漫画ご飯(漫画ごはん)の代わり&後継でよくある質問を見ていきましょう。

漫画ご飯(漫画ごはん)のような違法サイトが開かないと、閉鎖になったということ?

漫画ご飯(漫画ごはん)のような違法サイトが開かないと、閉鎖になったということ?

マンガごはん(Manga Gohan)は、過去に何度も閉鎖が噂されたことがあります。

マンガごはんが閉鎖されると噂される理由は、マンガごはんがしばしば更新されなくなるためです。

マンガごはん」のような違法サイトの場合、更新が途絶えたり、サイトが開かれなくなったりすることで閉鎖を知ることになります。

Twitterでは、マンガごはんの閉鎖について多くのコメントが投稿されていました。

マンガごはん」が更新されなくなったり、サイトが一時的に使えなくなったりすると、ユーザーから心配の声が投稿されています。

マンガごはんは現在運営されていますが、違法サイトであるため、近々閉鎖されると言われています。

漫画ご飯(漫画ごはん)の類似サイトはなぜなくならない?

漫画ご飯(漫画ごはん)の類似サイトはなぜなくならない?

マンガごはん」の類似サイトは、短期間で閉鎖されることが多い。しかし、消滅するどころか増え続けている。

これは、「マンガごはん」のような違法サイトは、閉鎖されることを前提に開設されており、たとえサイトが閉鎖されても、すぐに新しいクローンサイトが作られるからです。

運営者の情報が開示され、警察が介入すれば逮捕される可能性が極めて高いにもかかわらず、「マンガごはん」のような違法サイトは減らないのです。

マンガごはん」のような違法サイトを運営することのメリットは、逮捕されるリスクよりも大きいのでしょう。

利用者が「マンガごはん」のような違法サイトを利用しなくなれば、自然と減っていくのではないでしょうか。

漫画ご飯(漫画ごはん)が同じ名称で復活することはある?

漫画ご飯(漫画ごはん)が同じ名称で復活することはある?

マンガごはん」は現在も運営されていますが、閉鎖した場合、同じ名前で復活する可能性は低いです。

マンガごはん」のような違法サイトの場合、閉鎖後に別名義で復活することがあります。

これは、出版社などからの開示請求を避けるためと思われる。

サイト名が有名になると、出版社は弁護士を通じて、「マンガごはん」のような違法サイトから運営者の情報開示を請求してきます。

運営者の実名や住所が明らかになれば、刑事訴追を受ける可能性もあります。

マンガごはんなどの違法サイトは、運営者情報の開示請求の動きがあると、閉鎖されることが多いです。

仮に「マンガごはん」が閉鎖され、その後、同じ名前で復活した場合、すぐに運営者の情報開示手続きが取られることになります。

マンガごはん」のような違法サイトは、逮捕のリスクを回避するために、閉鎖後に別の名前で復活する可能性が高い。

漫画ご飯(漫画ごはん)で読み放題になっている作品は多い?

漫画ご飯(漫画ごはん)で読み放題になっている作品は多い?

漫画ご飯(漫画ごはん)で読み放題になっている漫画にはどのようなものがあるのでしょうか?

漫画ご飯(Manga Gohan)で読み放題の漫画を調べてみました。

【漫画ご飯(漫画ごはん)で読み放題の漫画】
  • BLEACH(ブリーチ)
  • フェンリル母さんとあったかご飯
  • ボルト
  • 僕のヒーローアカデミア
  • パラレルパラダイス
  • 舞妓さんちのまかないさん
  • 幻想グルメ
  • 偽聖女と虐げられた公爵令嬢は二度目の人生は復讐に生きる
  • ブルーロック
  • BUNGO-ブンゴ-
  • キングダム
  • 贅沢三昧したいのです! 転生したのに貧乏なんて許せないので、魔法で領地改革
  • 突然パパになった最強ドラゴンの子育て日記 ~かわいい娘、ほのぼのと人間界最強に育つ~
  • ブラッククローバー
  • Dr.STONE reboot:百夜
  • 最後の西遊記

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。