2022年9月28日

インターネットというには、J-POPをはじめとする音楽を無料でダウンロードできるサイトが存在します。

しかし、音楽は著作権で厳しく保護されており、閉鎖されることなく更新を続けている「生き残りサイト」はごくわずかである。

今回は、日本人に馴染みの深い「J-POP」の音楽をMP3形式で高音質にダウンロードできるサイトをまとめたいと思います。

他のサイトでは紹介されていないものもあるので、新しいサイトの情報を知りたい方はチェックしてみてください ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

J-POP MUSIC DOWNLOAD

開設時期:2017年8月

アクセス数:90万

日本のユーザー:50%。

アップローダー:Filejoker

Jpop:1300曲

まずはじめに、今回調査検証した中では一番使い勝手が良いと感じたのがこちらのサイト。

まず、私たちが調査・検証した中で、このサイトが最も使いやすいと思えました。

サイト全体としては、余計な装飾がなく、良い意味でシンプルで、目を引くような広告もまったくありません。

内容は、ジャケットと曲名、楽曲ダウンロードの日付とカテゴリー、検索ボックスのみと、必要最小限にとどめています。

画像を一度に表示するためか、サイトの読み込みに少し時間がかかりますが、全体的に軽く、サムネイルのサイズも見やすいように均等に配置されているので、狭い場所でも使いやすいと思います。

また、1日平均15曲がダウンロードされており、そのほとんどが高音質な楽曲です。

各ページにはタイトルに音質も記載されており、例えばMP3なら320kbpsの高音質なものからAAC、FLACまであり、なんとブルーレイから抽出したと思われる超高音質のISOファイルまである。

個人的に魅力的だったのは、なぜかカテゴリーに「J-POP」がないことです。

C-POPもK-POPもあるのに、なぜ? しばらくサイトを眺めていると、アップロードされている音楽のほとんどがJ-POPであることに気がつきました。

そういえば、サイト名が「J-POP音楽ダウンロード」で、9割以上がJ-POPなので、特にカテゴリーに「J-POP」と表示する必要はないと思うのですが、いかがでしょうか。

全体的に良い意味で個性のないサイトですが、一点だけ申し上げると、ダウンロードサーバーのほとんどが「Filejoker」であることです。

1年以上前にダウンロードした音楽ファイルのリンクもまだ有効なものが多く、この手のサイトにありがちなポップアップ広告もないので、ストレスがありません。また、ファイルをダウンロードする際、「ファイル名.rar」形式で表示されます。

実はこの「J-POP MUSIC DOWNLOAD」というサイト、他のサイトではあまり紹介されていないのですが、個人的には今回のセレクションの中で1、2を争うほど便利なサイトだと思っています。

注)新年度にサイトを立ち上げたことが一つのポイントです。原則的に、このような「グレー」なサイトは知名度が上がるほど閉鎖のリスクが高くなるので、次項の「MQS ALBUMS DOWNLOAD」よりは閉鎖のリスクは低そうです。

MQS ALBUMS DOWNLOAD

開設時期:不明

アクセス数:400万

日本のユーザー:20%

アップローダー:Filejoker

Jpop:1600曲

今回調査・検証したサイトの中で、ダウンロードの音質が最も良いのはこのサイトでしょう。

その理由は、上記のカテゴリーにあるように、Blue-rayAudio、SACD、ハイレゾ音源に特化したカテゴリーがあり、他のサイトよりも音質にこだわったコンテンツが多いからです。

各投稿には大きなサムネイルと、ヘッダーにアーティスト名、曲(アルバム)名、音質(ビットレート)の詳細が日本語で表示され、直感的に楽曲を探しやすくなっています。

また、各曲のページには、基本情報と曲の解説を日本語(一部英語)で掲載しています。

ダウンロード方法は、ページ下部のリンクから海外のサーバーに移動し、そこからダウンロードする方法です。

広告もほとんどなく、とても使いやすいサイトだと感じました。 

ダウンロード方法はページ下部のリンクから海外サーバーへ飛び、そこからダウンロードする方式

広告などもほぼ表示されず、使い勝手は抜群に良いと感じた。

Jpopdl

開設時期:2017年12月

アクセス数:50万

日本ユーザー:80%

アップローダー:Katfile、Uploaded
Jpop:1000~曲

開設時間、アクセス数ともに平均的なJpopダウンロードサイトです。

大きく分けて5つのカテゴリがありますが、そのうち3つ(JPOP CHARTS、SOUNDCLOUD MP3 CONVERTER、YOUTUBE TO MP3&MP4)は関係のない外部サイトへのリンクなので、MP3曲を検索する場合は「ALBUM、SINGLES」で検索するとよいでしょう。

ダウンロードするには、「ダウンロード」ボタンをクリックした後、各曲のページの下に2~3個のダウンロードリンクが表示されます。

ざっと見たところ、不正なリンクはないようですが、一度リンクをクリックすると確認のためのポップアップ広告が表示されるので注意が必要です。

Jenie.co

開設時期:2017年2月
訪問量:50万(閉鎖前:300万)
日本のユーザー:60%
アップローダー:Filecrypt.cc
楽曲数:不明

現地では有名な違法音楽ダウンロードサイト。

2018年半ばに一旦停止したが、「Jenie Limited」と改名して復活した。そして、今も「JENIE|Music Blog」という名前で、何度も生まれ変わる不死鳥のように存在しているのです。

基本的に、一度閉鎖したサイトは二度と戻ってきません。特に今回のような違法サイトはその傾向が強く、かつての「フレッサ」や「Alljpop」などはその好例と言えるでしょう。

しかし、このJenie.coというサイトは、今後も様々な形で存在する可能性が高いので、ブックマークに登録しておくのも無理はないだろう。

このサイトを探索していてまず感じたのは、広告がないにもかかわらず、とても重いということです。

アクセスするたびにページが読み込まれ、エラーで表示されないことも珍しくありませんでした。

個人的には、整理されて見やすく、広告も全くないので使いやすいサイトだと思っていたのですが、これは非常に残念です。

ただし、高音質MP3形式でのダウンロードは、シングルアルバムともに110曲までとします。

また、今後完全に閉鎖される可能性も低いので、「重いサイト」を気にしないのであれば、かなり有用なサイトだと思います

JPop Singles

開設時期:不明

訪問量:700万

日本ユーザー:50%

アップローダー:Zippyshare、Userscloud、Wdfiles、Dbree、Yadlsk、 Mega、Pcloud、Filehost
Jpop:4000曲

他のサイトではKPOPやCpop、洋楽も少なからずありますが、このサイトではJPOPのシングルとアルバムだけを取り上げています。Jpopジャンルに特化したサイトです。

更新頻度もかなり高く、1日平均5曲のJpopがアップロードされている。

また、jpopしかアップロードされないため、カテゴリーがなく、SingleかAlbumしかない。

しかも、画像付きでアップロードする方法まで解説されています。jpopの専門サイトらしく、全てが揃っています。

各曲のページには、ファイル名、ダウンロードするrar/zipなどのファイル形式、総容量、ビットレートなどの簡単な説明も掲載されています。

また、海外のダウンロードサイトへのリンクも多く、リンク切れも比較的少ない。

欠点は、他のサイトと比較してサムネイルが表示されないため、ファイルを識別する手段が英語名しかなく、分かりにくいことです。

また、トラッキング広告や、ダウンロードのたびにパスワードの入力が必要なのも煩わしい。

JPSYNC

作成日:2016年8月

訪問量:25万

日本ユーザー:60%

アップローダー:なし(直接DL可能)

Jpop混合:10000曲

まず、このサイトはかなりひどいです。

日本のJpopを幅広くアップロードしており、「カナダ」のサーバーでホストされているが、「ベトナム語」という不可解なサイトである。

しかし、サイト全体のクオリティは高く、メニューも非常にきれいに整理されており、海外のサイトとは思えないほど邦楽が充実しています。

このサイトの特徴はいくつかありますが、まず、一部の楽曲ページでは、楽曲を最初から最後まで見ることができることです。これを「観る」と呼んでいいのか、まったく疑問です。

最大の特徴であり、最悪なのは、ダウンロードの仕様です。

基本的にMP3ファイルをダウンロードする場合、海外のアップローダーを経由するのが一般的ですが、このサイトでは海外のアップローダーを経由せずに直接ダウンロードできる曲もあります。

他の類似サイトが導入をためらうところに、ボタン1つで簡単に即座にダウンロードできる仕様の悪さが見て取れる。

その他、一見すると欠点はないのですが、今回使ってみると、ポップアップ広告が非常に鬱陶しく、また、サーバーが日本から遠いため、非常に重かったです。

加えて、一部のみとはいえ、すべての楽曲ページから直接ダウンロードできる仕様のため、誤ってクリックしてしまい、意図せず違法ダウンロードされる危険性があるため、全くお勧めできないサイトです。

FreeJpMusic.Com

開設時期:2018年3月

訪問量:300万

日本のユーザー:70%

プローダー:Rapidgator、Uploaded、MexaShare、Katfile、RockFile、Pubg-File
Jpop:11,600曲(スプリットシングル:10,000曲、アルバム:1,600曲)

1年足らずでJpopの楽曲数は1万曲を超えた。FreeJpMusic.Comは、更新速度が素晴らしいサイトです。

大きな特徴として「膨大なダウンロード楽曲数」が挙げられます。

ピーク時には1日30曲がダウンロードされ、元旦でも9曲がダウンロードされた。

発売日の翌日にアップロードされるタイトルもあり、音楽も最新の新譜から2000年代前半の懐かしい曲まで幅広くアップロードされています。

サイトの構成は明快でシンプルです。曲の検索方法は、大きく分けて「シングル/アルバム」のカテゴリーで検索する方法と、右上の検索ボックスで検索する方法の2種類があります。

「FreeJpMusic.Com」というサイト名の通り、邦楽のダウンロードがメインなので、検索ボックスも日本語で検索することができます。(上の画像参照)。

ダウンロード方法も非常にシンプル

1.作品ページにあるリンクをクリックします。2.

2.リンクを取得するをクリック3.リンクを取得するをクリック

3.各ダウンローダーからのダウンロード

この3つのステップで完了します。

また、リンク切れのリスクを減らすために、あらかじめ各ダウンロード先にリンクを配布しているため、通常、リンク切れの数は少ないことも重要なポイントです。

デメリットとしては、目立つ広告が複数存在することです。特に、画面左下のトラッキング広告が個人的に少し気になりました。(ただし、広告に不快感はないので、この程度は許容範囲と判断しています)。

また、1カラムで20記事が縦に表示される構造になっているので、スクロールが少し面倒です。

もうひとつ、欠点というわけではありませんが、アップロードされる音楽には、FLACやBDから抽出した音源をもとにしたハイレゾの「高音質版」と、CDやDVDの音源をもとに、ダウンロードしやすいように圧縮した「通常版」の両方が存在します。FLACやBDから抽出した音源をベースにしたハイレゾリューションの「高音質版」と、CDやDVDの音源をベースにした圧縮版の「通常版」の2種類があり、便利なダウンロード形式になっています。

したがって、掲載されているJpopの曲数は「11,600曲」となりますが、この中には重複している曲もありますのでご注意ください。

吹き替えの曲数は少ないが、収録曲のほとんどが「高音質版」である。また、重複を考慮しても、あと1万曲はあると考えられるので、重複の存在を深く意識する必要はない。

Music Japan Download

Jpop:2000曲(スプリットシングル:500曲、アルバム:1500曲)。

1500枚以上のJpopフルアルバムが無料でダウンロードできるサイト「Music Japan Download」。

実は、前項で簡単に説明したFreeJpMusic.Comの姉妹サイトで、「サイト構成、対応ダウンローダー、ダウンロード方法」などの主要部分はほぼ同じです。

主な相違点は以下の通りです。

  • 「video」カテゴリを追加しました。
  • 1ページあたりの記事表示数を20件から10件に削減しました。
  • トラッキング広告の掲載位置が左下から右下に変更されました。

といった具合に。

最大の違いは、カテゴリーに「ビデオ」が追加されたことです。

実はFreeJpMusic.Comには「MusicVideo」というカテゴリもあるのですが、この記事を書いている時点でアップロードされている動画は2本だけです。

しかし、「ミュージック・ジャパン・ダウンロード」は、開設から半年ながら、すでに15本ほどの動画をアップロードしており、BDやDVDから抜き出したと思われる高音質の音源をダウンロードすることができるのです。

ちなみに、このサイトのデメリットも以下の通りです。

  • 縦スクロールが少し気になる。
  • 広告がいくつか目立ちます。
  • トラックが重複している。

そして、上記の3点です。致命的な欠点はありません。

最も重要な指標である「楽曲数」では本家サイトに劣るものの、「閉鎖リスクが低い」ことが最大のメリットです。

J-POP MUSIC DOWNLOAD」の前半で述べたように、ヒット数が少ないということは注目度が低いということであり、注目度が低ければ低いほど、クロージングの可能性は低くなります。

本家「FreeJpMusic.Com」の月間アクセス数は300万pv、「ミュージック・ジャパン・ダウンロード」は20万pvで、単純計算で約15分の1です。このままではサイトが閉鎖してしまいます。

更新率や曲数に関係なく、サイトが閉鎖されれば終わりなので、Music Japan DownloadはJpopの音楽を中心にダウンロードする「生き残りサイト」の中では、今後も重宝されそうだ。

TuneFab Apple Music変換ソフト

別記事でも紹介していますが、このソフトはもともと著作権保護されていて、PCに直接保存できない音楽をApple Musicから強制的にダウンロードできる優れたDRM解除ソフト『TuneFab Apple Music変換ソフト』です。

今回まとめたサイトはすべて海外のもので、J-POPの楽曲があまりダウンロードされていない。

そんな時、約9000万曲がダウンロードされているAppleMusicから直接このダウンロードソフトを使えば、いちいち海外のサイトで探さなくても、簡単にお気に入りの曲を全部保存することができるのです。

「そんな便利なソフトがあるなら、まず紹介しろよ」と思われるかもしれませんが、もちろん難点もあって、無料版では3分間しか曲をダウンロードできないという制限があるんです。ソフトウェアのすべての機能を使用したい場合は、フルバージョンが必要で、これは実際には有料版です。

MP3を無料ダウンロードできるサイトまとめ

J-POPMP3を無料でダウンロードできるサイトをまとめましたが、これらのサイトは海外のダウンローダーを経由するため、「リンク切れ」でダウンロードできない場合があります。

もうひとつのおすすめサイトは「music.jp」です。

music.jpはその名の通り、音楽を中心とした公式サービスで、高音質な楽曲を数多く取り揃えているのが大きな特徴です。

  • 音楽は630万曲(ハイビジョン音声)用意されています。
  • アニメ、映画、ドラマなどの動画が見放題
  • 初回登録で2,461円分のポイント付与
  • 30日間の無料期間、中途解約可能。

登録時に無料でもらえる2,461ポイントを使えば、聴き放題の楽曲を除き、実質無料で最新の音楽を聴くことができるのです。

会員登録もスマートフォンで簡単にできます

最後に、私が調査中に見つけた「現在閉鎖中のサイト」と「不正なリンクなどがある微妙なサイト」のみを簡単に列挙しておきます。(順不同)

  • fresa
  • alljpop
  • jpop4u
  • youshikibis blog
  • k2n blog
  • jpop mp3 m3mp3.com
  • lossless.site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。