2022年11月18日
DVD・BDコピーガードまとめ

コピーガードとは、BD、DVD、VHSなどの映像メディア、CDなどの音声メディア、PCソフトムやゲームソフトなどの著作物に対する無断複製を防止するために、著作権者が著作物の複製を不可能にする処理のことです。英語はCopy Protectionといいます。

DVD、BDのコピーガードが邪魔になるとき

友達またはレンタルDVD屋さんから借りてきたDVDやブルーレイディスクの映画ディスクは返さないといけないので、どうしても好きな映画をコピーしてPCに保存するときはDVD・BDのリッピング作業をするでしょう。

しかし、出版側は常に市販のDVDやBDディスクの著作権を保護するために、ピーガードをかけます。これで、使用者は中にあるデータを抽出したり操作したりすることができません。

また、DVDディスクにせよBDディスクにせよ、盤面はかすり傷とかの損傷によるデータ破壊を防ぐために、ディスクにあるデータをPCにバックアップするのもときとき必要です。

こういうとき、コピーガード対策ソフトを使ってみてもよいです。ネットではコピーガード対策としての無料ソフトはいくつかあります。それらを通じて保護ガードつきのDVDやBDディスクにあるデータを気軽に移動、複製、抽出できます。

それに先立って、お持ちのディスクにはどんなコピーガードが嵌ったのかから見ていきましょう。

コピーガードでコンテンツへの操作に制限が加わったDVD・BDディスクに対して何らかの方法でコピーガードを無効にするのは逮捕まで至らないですが、確実に法律違反となります。違法リスクを十分に理解するうえの利用がおすすめです。

この記事で紹介するコピーガード対策ツールはあくまでもコピーガード解説の補足情報として掲げています。違法となる利用はしないようにご注意ください。

よく遭遇するコピーガードの種類と対処ツール

コピーガードは技術的に言うと暗号化の仕組みで、タイプは多岐に渡ります。ここではDVDディスクとブルーレイディスクの別で、よく遭遇するコピーガードおよびそれらを対処できるツールを解説します。中ではDVDとBDの両方にも見られるものもあります。

DVDのコピーガードまとめ

APS(Analog Protection System)

APS(Analog Protection System)は、Macrovision社が開発したVHSやDVDのコピーガード仕組みです。主にアナログ映像信号における暗号化の手法として採用されます。MacrovisionやCopyguardとも呼ばれ、「コピーガード」という言い方の語源でもあるようです。

レコーダー内部で、DVDビデオから、等速でHDD(ハードディスク)へのコピーや、外部出力(黄・赤・白のコードなど)でDVD-RやVHSに録画できなくします。このAPSシステムは、映像ソフト側と、再生・映写機器側双方があいまって、効果が発揮されます。

APSは普通マイクロビジョン社が開発したガード仕組みとして見受けられますが、一説ではAPSはアナログ信号にかけるコピーガードのカテゴリーであり、カラーストライブCGMS-Aというガードの形もその範囲に収めるべきということです。

APSはアナログテレビ信号の時代に多用されたものです。

APSを対処できるコピーガード対策ソフト:

  • DVD Decryoter(完全無料)
  • DVD Shrink(完全無料)
  • AnyDVD HD
  • DVDFab

下の記事でAnyDVDの使い方を詳しく了解することができます。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://disc-keep.com/create-dvd-copy-with-anydvd/]

CSS(Content Scramble System)

CSS(Content Scramble System)とは、多くのDVD作成ツールが採用しているコンテンツ暗号化方式です。現在、インターネット上などでは、CSS対策ソフトが多数公開されており、簡単にCSSを無にすることができます。

2012年6月20日、DVDの違法リッピングを含む著作権改正案が成立し、DVDに使われている「CSS」などの暗号化技術が、著作権法の定める「技術的保護手段」の対象に追加されました。これで、CSSなどの暗号化保護技術を回避してDVDをリッピングすることは違法となり、CSSの回避を提供するプログラムや機器は規制・罰則の対象となります。

とある出版社の社員1名と編集プロダクションの社員2名が、著名なCSSソフトをアップロードしたり、CSS対策ソフトをダウンロードするためのリンクをウェブサイトに掲載したとして、著作権法違反の容疑で逮捕されたという事例があります。

CSSを対処できるコピーガード対策ソフト:

  • ほとんどのDVDコピーの有償・無料ソフトが対処できます。

UOPs (User Operation Prohibitions)

UOPsとはUser Operation Prohibitionの略称で、つまりユーザー操作禁止という意味です。暗号化による手法ではないが、DVDビデオやBlu-rayディスクに採用されている使用制限の一種です。ほとんどのDVDおよびBlu-rayプレーヤーは、この機能で保護または制限されている操作を視聴者が行うことを禁止しています。ユーザーは再生時、リモコンなどを介して操作を行おうとすると、禁止マークまたはメッセージが表示されます。これは主に、米国連邦捜査局のような著作権表示や警告、および保護された(つまり、スキップできない)広告に使用されます。ネットではUOPs制限を解除できるツールが数あります。

UOPsを対処できるコピーガード対策ソフト:

  • ほとんどのDVDコピーの有償・無料ツール

RC/RCE(Region Code/Region Code Enhancement)

リージョンコードとは、DVDやBlu-rayディスクの再生可能な地域を制限するコードで、ディスクに記載されているコードとプレーヤーがサポートするコードは一致しない場合、ディスクの再生ができません。DVDディスクはリージョンコードでは日本が「」、Blu-rayディスクでは日本が「A」となっており、特定の地域でしか再生できないため、一種の保護・ガードとなっています。しかし、一部のメーカーがリージョナルライセンスを持たないプレーヤーを発売しているのも事実です。

RC/RCEを対処できるコピーガード対策ソフト:

  • ほとんどのDVDコピーの有償・無料ツール

ARCCOS(Advanced Regional Copy Control Operating Solution)

ARccOS(Advanced Regional Copy Control Operating Solution)とは、ソニーが開発したコピーガードのシステムで、一部のDVDに採用されている。CSS(Content Scramble System)と併用するための追加レイヤーとして設計されており、DVD上に意図的に破損セクターを作成し、コピーソフトにエラーを発生させます。破損したセクターは、ほとんどのDVDプレーヤーはアクセスできるが、ほとんどのDVDコピーソフトはアクセスできないディスクの領域にある。

ARccOSは「一般的なDVDプレーヤーやドライブと完全な互換性がある」とアピールしていますが、一部のDVDプレーヤーでは再生できないものがあります。

ARccOSを対処できるコピーガード対策ソフト:

  • WinX DVD Ripper
  • DVDFab
  • VidMobie DVDリッピング
  • MacX DVD Ripper
  • AnyDVD

RipGuard

RipGuardはMacrovision社のもう一つの代表的コピーガード仕組み・製品です。当社は2005年2月に「RipGuard」技術を発表した。この技術は、DVDコンテンツのフォーマットを変更して、リッピングソフトウェアを妨害することにより、デジタルDVDのコピーを防止または抑制するように設計されています。この技術は、AnyDVDやDVDFabのような現行のDVDリッピングソフトで回避することができますが、Macrovisionは、カジュアルユーザーの95%は「RipGuard」技術を回避してDVDをコピーするための知識や意欲がないと主張しています。

RipGuardを対処できるコピーガード対策ソフト:

  • AnyDVD HD
  • DVDFab

HDCP(High-bandwidth Digital Content Protection)

著作権保護の視点からは、デジタル信号によってハイビジョンの情報を効率よく伝送されることには問題があります。HDCP(High-bandwidth Digital Content Protection)とは、映像再生機器からモニターなどの表示機器へのデジタル信号の送受信経路を暗号化し、コンテンツが不正にコピーされるのを防ぐ著作権保護技術(コピーガード技術)です。

送受信経路の暗号化というと、主にDVIやHDMIなどのデジタルインターフェースを経由する暗号化ですが、簡単に解除できるという問題点もあります。そのため、BDやHD DVDでは、後ほど、HD信号の出力を制限するAACSという新しいコピーガード規格が導入されました。

HDCPを対処できるコピーガード対策ソフト:

  • 基本的はハードウェアの面でこのコピーガードを対応しなければいけません(ここは詳細を展開しません)。一方、AnyDVD HDはHDCPグラフィックカードやHDCPディスプレイなしでデジタルディスプレイコネクションを通しブルーレイのムービーを再生できます。

CPRM

CPRM(英語: Content Protection for Recordable Media)は主にBD・DVDレコーダーを通じてデジタルテレビ番組をディスクに録画する場合、番組の著作権を保護するための暗号化仕組みです。

「コピー・ワンス(1世代だけ録画可能)」や「ダビング10(録画1回、コピー10回)」のテレビ番組を録画するときに使われるコピー防御方式であります。テレビ番組の録画に際しては、CPRMに対応した各種メディア(DVD-R・DVD-RW・DVD-RAM・DVD-R DLなどのディスク)や機器(DVDプレーヤーやDVDレコーダー、DVDドライブなど)が必要です。また、録画済みのディスクはCPRM対応の機械でしか使用できません。ネット上のCPRM対策ツールを使えば、保護された録画済みのディスクにあるデータを自由に操作できます。

下の記事はデジタルテレビ番組の発展とCPRMの由来を割合に詳しく解説しています。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://disc-keep.com/digital-broadcasting-and-dvd-recording/]

CPRMを対処できるコピーガード対策ソフト(録画済みのディスクに対して):

  • 4Videosoft DVD リッピング
  • MacX DVD Ripper
  • AnyDVD HD
  • DVDFab
  • CPRM Decryoter(年代が遠くて動作の可否は未検証)
  • DVDAExplorer(年代が遠くて動作の可否は未検証)

ブルーレイ(BD)のコピーガードまとめ

AACS(Advanced Access Content System)

AACS(Advanced Access Content System)は、DVD以降の世代の光ディスクへのアクセスやコピーを制限することを目的とした、コンテンツ配信とデジタル著作権管理のための規格です。2005年4月に仕様が公開され、HD DVDやBlu-ray Disc(BD)のアクセス制限方式として採用されています。ブルーレイBDでよく見かけられるコピーガードの仕組みです。開発と普及活動は、ディズニー、インテル、マイクロソフト、パナソニック、ワーナー・ブラザース、IBM、東芝、ソニーが参加する団体「AACS Licensing Administrator, LLC」(AACS LA)が行っています。

2006年に機器に搭載されて以来、いくつかのAACS復号キーが正規ソフトウェアプレーヤーから抜き取られてインターネット上で公開されており、ライセンスされていないソフトウェアによる復号が可能となっている。

AACSを対処できるコピーガード対策ソフト:

  • Leawo Blu-ray変換
  • WinX Blu-ray Decryoter
  • 4Videosoft ブルーレイコピー
  • DVDFab
  • AnyDVD HD
  • MakeMKV(完全無料)

下の記事を読んで、MakeMKVの使い方のBDディスクの基本知識を詳しく知りましょう。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://disc-keep.com/blu-ray-ripping/]

BD+

BD+は、一部のブルーレイディスクで採用されている高度な保護方式です。BD+保護が施された各ディスクには、ディスクがロードされるたびにプレーヤーによって実行されるプログラムが含まれています。

保護された映像クリップにアクセスするためには、BD+プログラムのコードを実行する必要があります。すべてのブルーレイプレーヤーは、このプログラムの実行方法を知っており、プログラムのコードはすべてのプレーヤーのハードウェアが完全にアクセスできます。映像クリップは暗号化されているだけでなく、ガード無効化の試みによる「ダメージ」を受けてファイルを「修正」するためにも「BD+」のコードを実行する必要があります。これを対処できる復号ツールもいくつかあります。

BD+を対処できるコピーガード対策ソフト:

  • Leawo Blu-rayコピー
  • AnyMP4 ブルーレイコピー
  • WinX Blu-ray Decroter
  • DVDFab
  • AnyDVD HD
  • MakeMKV(完全無料)

Cinavia

Cinaviaとは、主にブルーレイディスクに採用されているコピーガードの規格のひとつで、2012年以降に製造されたBDレコーダーでは、モバイルリターンを行うためにCinaviaチェックが必要となります。

多くのコピーガード規格は、映像や音声が直接出力されたものをコピーできないように設計されていますが、Cinaviaはビデオカメラなどで出力映像が記録された場合(いわゆる直接キャプチャー)にも機能するように設計されています。

Cinaviaは、人間には聞き取れない周波数のコピー防止情報を含む音声に重ねられた透かしです。Cinaviaのチェックは、AACS情報が存在しない場合にのみ行われるため、AACSが正しく設定されている正規のメディアでは発動されません。

カムコーダーなどの機器で直接録画した場合、録画行為自体を阻止できませんが、チェックを搭載した機器で再生した場合、警告メッセージが表示されたり、再生自体が停止したりします。 保護されたコンテンツによっては、検出に数秒から10分以上かかるものがあり、音声トラックをミュートするだけのものもあれば、検出されるとすぐに再生を中止するものもあります。

Cinaviaを対処できるコピーガード対策ソフト:

  • DVD-Ranger CinEx HD
  • AnyMP4 ブルーレイコピー
  • Leawo Blu-ray Cinavia除去
  • CloneBD/AnyDVD HD
  • DVDFab

CCI/DTCP(Copy Control Information/Digital Transmission Content Protection)

CCI(Copy Control Information)とは、デジタルテレビのストリームに含まれる2バイトのフラグで、コンテンツの所有者やケーブル事業者がコンテンツのコピー方法を指定可能にするためのものです。 1998年にDTCP(Digital Transmission Content Protection)団体が策定した「5C Replication Protection」仕様の一部となりました。5Cとは日立、インテル、パナソニック、ソニー、東芝の5社を指します。

版権の所有者は「フリーコピー」、「コピーワンス」、「ノーモアコピー」、「ネバーコピー」の4つのモードから指定するコピーコントロール情報です。

CCIを対処できるコピーガード対策ソフト:

  • 基本的はハードウェアの面でこのコピーガードを対応しなければいけません(ここは詳細を展開しません)。一方、DVDFabはブルーレイディスクに嵌ったCCI(コピー制御情報)を取りのぞけます。

最後にコピーガード名称の別で対策ツールを再び整理

DVD・BDコピーガード対応できるソフト
APSDVD Decrylter;DVD Shrink;AnyDVD HD;DVDFab
CSSほとんどのDVDコピーの有償・無料ソフト
UOPsほとんどのDVDコピーの有償・無料ツール
RC/RCEほとんどのDVDコピーの有償・無料ツール
ARCCOSWinX DVD Ripper;DVDFab;VidMobie DVDリッピング;MacX DVD Ripper;AnyDVD
RipGuardAnyDVD HD;DVDFab
HDCPAnyDVD HD
CPRM4Videosoft DVD リッピング;MacX DVD Ripper;AnyDVD HD;DVDFab;CPRM Decryoter;DVDAExplorer
AACSLeawo Blu-ray変換;WinX Blu-ray Decryoter;4Videosoft ブルーレイコピー;DVDFab;AnyDVD HD;MakeMKV
BD+Leawo Blu-rayコピー;AnyMP4 ブルーレイコピー;WinX Blu-ray Decroter;DVDFab;AnyDVD HD;MakeMKV
CinaviaDVD-Ranger CinEx HD;AnyMP4 ブルーレイコピー;Leawo Blu-ray Cinavia除去;CloneBD/AnyDVD HD;DVDFab
CCIDVDFab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です