2022年9月28日
動画配信サービス(VOD)25選をジャンル別で一挙紹介!

日本国内で利用できる動画配信サービス(VOD)だけでも、多くの種類があります。多すぎてどれがよいのか、悩んでしまう方も多いでしょう。そこで今回は、国内利用できる動画配信サービス(VOD)を25点紹介します。ジャンルごとに紹介するので、気になるものは公式サイトで詳細を確認してみてください。

VODとは

動画配信サービスを探しているとよく見かけるVODとは、Video On Demand(ビデオオンデマンド)の略称です。インターネットを通じて映画やアニメ、テレビ番組などの動画コンテンツの配信を行っているサービス全般を指します。

多くが定額制となっていて、一定料金で好きなだけ動画を楽しめるのが特徴です。

国内で見られる! 動画配信サービス(VOD)25選

ここでは日本国内で利用できる動画配信サービス(VOD)を、「映画」「アニメ」「スポーツ」「オールマイティ」「テレビ局」に分けて紹介します。動画コンテンツの中でも好きなジャンルが決まっている方は、特化したものを選んでみてください。

邦画も洋画も 映画配信の多いVOD4選

まず映画の配信数が多い動画配信サービスを4点紹介します。映画が多いサービスは全体的に配信作品数が多い傾向もあるので、様々な作品を楽しめるでしょう。

【映画】U-NEXT

ホームページhttps://video.unext.jp/

【映画】U-NEXT
  • 料金:月額2,189円
  • 作品数:220,000以上
  • 特典:31日間無料トライアル

VODの定番としても有名なU-NEXTは、見放題作品数が定額制動画配信サービスの中で、最も多い特徴があります。映画の配信数も非常に多く邦画が6,253件、洋画が8,479件となっています(2022年1月23日現在)。U-NEXTには見放題とレンタルの2種類があり、最新作はレンタルになっていることがあるのです。

ほかにも漫画や書籍を扱っているので、映画を見た後に原作を読むといった楽しみ方も可能です。

【映画】WATCHA

ホームページhttps://watcha.com/lp_popular/index.html

【映画】WATCHA
  • 料金:月額869円
  • 作品数:非公開
  • 特典:1か月間無料トライアル

WATCHAは「映画好きのための月額動画配信サービス」と公式が宣伝するほど、映画が豊富なサービスです。韓国発のサービスなので韓国の映画やドラマに強いのはもちろんですが、邦画や洋画の取り扱いもあります。

また「WATCHA PEDIA」という同社のレビューアプリと連携することで、評価に基づいておすすめの映画を、紹介してくれる機能があります。作品数が多すぎて悩んでしまう方や、新しい作品と出逢いたい方には最適な機能でしょう。

【映画】Hulu

ホームページhttps://www.hulu.jp/

【映画】Hulu
  • 料金:月額1,026円
  • 作品数:100,000以上
  • 特典:2週間無料

Huluも定番VODに取り上げられるサービスです。扱っている作品数が多いため、様々なジャンルが幅広く揃っていますが、映画は邦画の方が多く取り扱っています。独占配信や人気番組の見逃し配信も多いため、映画を中心に他のコンテンツも見たい方におすすめです。

またHuluには作品ごとのレンタルを行うHuluストアもあります。

【映画】WOWOW

ホームページhttps://wod.wowow.co.jp/

【映画】WOWOW
  • 料金:月額2,530円
  • 作品数:非公開
  • 特典:申し込み月無料

衛生放送局として有名なWOWOWですが、近年パソコンやスマートフォンでも見られるオンデマンドが開始されています。ここではWOWOWのプライム・ライブ、シネマというチャンネルを同時配信しているため、様々な番組を視聴が可能です。

特にWOWOWシネマは映画専門チャンネルなため、映画が見たい方にはおすすめとなっています。

独占配信も多い アニメ専門VOD4選

アニメに特化した動画配信サービスを4点紹介します。サービスによって配信している番組が異なり、独占配信も多いのがアニメ作品の特徴です。見たいアニメがある方は事前にどこから配信されているのか、確認しておきましょう。

【アニメ】dアニメストア

ホームページhttps://anime.dmkt-sp.jp/animestore/tp_pc

H3 【アニメ】dアニメストア
  • 料金:月額440円
  • 作品数:4,400以上
  • 特典:初月無料

dアニメストアは、docomoが提供するアニメ専門の動画配信サービスです。特徴的なのは他社と比較しても安い月額料金と、配信アニメ数の充実さです。

ほかにも声優のイベントや2.5次元コンテンツも扱っています。出演声優の名前で検索できる便利機能もあり、コストパフォーマンスが高いサービスです。

【アニメ】アニメ放題

ホームページhttps://www.animehodai.jp/

【アニメ】アニメ放題
  • 料金:月額440円
  • 作品数:3,400以上
  • 特典:無料トライアル1か月

アニメ放題は、2020年10月にソフトバンクからU-NEXTに、運営が移ったアニメ専門サービスです。Chromecast(クロームキャスト)にも対応しているので、環境があれば大画面で視聴も可能です。

Wi-Fi環境で事前にダウンロードすることもできるので、外出時でも通信量を気にすることなく楽しめるのもメリットといえるでしょう。

【ディズニー】Disney+(ディズニープラス)

ホームページhttps://www.disneyplus.com/ja-jp

【ディズニー】Disney+(ディズニープラス)
  • 料金:月額990円
  • 作品数:6,000以上
  • 特典:なし

Disney+(ディズニープラス)は、ディズニーが提供する公式動画配信サービスです。他の配信サービスでは見られない、ディズニー作品が数多くあるのが特徴です。

ピクサーやマーベル・スターウォーズ、ナショナルジオグラフィックなどの人気作品を、4Kや5.1チャンネル対応という高画質・高音質で楽しめます。

【アニメ】バンダイチャンネル

ホームページhttps://www.b-ch.com/

【アニメ】バンダイチャンネル
  • 料金:月額1,100円
  • 作品数:4,765作品(見放題は2,373作品)
  • 特典:初回おためし無料

バンダイチャンネルはアニメやゲーム、おもちゃなどを扱うバンダイナムコグループが提供する、アニメ専門の動画配信サービスです。見放題の作品数は少なめですが、ガンダムシリーズやデュエルマスターズシリーズなどを多く配信しています。

ロボットアニメの配信が豊富なだけでなく、犬夜叉などの名作アニメの独占配信もあります。

中継もある スポーツ専門VOD6選

スポーツに特化した動画配信サービスを6点紹介しましょう。スポーツの場合はライブ配信をメインで行っているものも多く、他の動画配信サービスに比べて料金も高めに設定されています。しかしテレビでは放映されないものばかりなので、スポーツファンは必見です。

【スポーツ全般】DAZN

ホームページhttps://www.dazn.com/ja-JP/home

【スポーツ全般】DAZN
  • 料金:月額1,925円
  • 作品:130以上のスポーツコンテンツ
  • 特典:1か月無料体験

DAZNは日本のスポーツ公式サイトも手掛けるDAZNグループが提供する、スポーツ専門のサービスです。野球やサッカーといったメジャースポーツから、ダーツなどのテレビではあまり中継されないスポーツも扱っています。

スポーツの醍醐味でもあるライブ中継をメインに行っていて、ハイライトや見逃し配信もあります。

【スポーツ全般】J SPORTSオンデマンド

ホームページhttps://jod.jsports.co.jp/

【スポーツ全般】J SPORTSオンデマンド
  • 料金:総合パック 月額2,640円、ジャンルパック月額 各1,980円
  • 作品:11スポーツ
  • 特典:なし

J SPORTSオンデマンドは、スカパー!などでスポーツチャンネルを運営する、J SPORTSのサービスです。オンデマンド限定で、モータースポーツの公式練習や大学ラグビーの試合なども配信しています。

料金も見たいスポーツだけに絞れるため、テレビで好きなスポーツが中継されない、好きな時間に見たいという方におすすめです。

【野球】パ・リーグTV

ホームページhttps://tv.pacificleague.jp/ptv/pc/

【野球】パ・リーグTV
  • 料金:見放題 月額1,595円、1dayチケット 600円
  • 作品:野球
  • 特典:なし

パ・リーグTVは、日本プロ野球のパ・リーグに特化したサービスです。料金は月額見放題と1dayチケットの2種類から選べるため、その日の試合だけ見たいというニーズにも応えられるようになっています。見放題では過去の試合を視聴できたり、カメラアングルを選んで視聴できたりします。

またパ・リーグの球団の有料プランに入っている方は、会員料金で加入が可能です。

【野球】ベースボールLIVE

ホームページhttps://baseball.mb.softbank.jp/

【野球】ベースボールLIVE
  • 料金:月額508円(Yahoo!プレミアム会員で加入)
  • 作品:野球
  • 特典:Yahoo!プレミアム会員特典各種

ベースボールLIVEはソフトバンクが提供する、野球専門のサービスです。パ・リーグ主催の全試合を中継・見逃し配信しています。スマートフォンアプリやパソコンのほか、Chromecast(クロームキャスト)に対応しています。また高校野球の中継も行っていて、2021年の秋季大会では準決勝から決勝までの、42試合を配信していました。

Yahoo!プレミアム会員であれば別途費用なしで加入できます。

【バスケットボール】NBA Rakuten

ホームページhttps://nba.rakuten.co.jp/

【バスケットボール】NBA Rakuten
  • 料金:月額2,640円 シーズンプラン 19,800円
  • 作品:バスケットボール
  • 特典:なし

NBA Rakutenは、アメリカの男子プロバスケットボールリーグである、NBAのライブ・見逃し配信に特化した動画配信サービスです。料金は上記以外にも、1ゲーム550円から見られるチケットがあります。

さらに厳選した試合のみ見られる月額990円プランもあるのです。

【バスケットボール】バスケットLIVE

ホームページhttps://premium.yahoo.co.jp/service/basketball/

【バスケットボール】バスケットLIVE
  • 料金:月額508円(Yahoo!プレミアム会員で加入)
  • 作品:バスケットボール
  • 特典:Yahoo!プレミアム会員特典各種

バスケットLIVEはバスケットボールのBリーグ・Wリーグ、日本代表リーグといった大会やリーグ戦を、ライブ・見逃し視聴できるサービスです。プロの試合だけでなくアマチュア大会も見られるので、幅広く日本のバスケットボールを見られるサービスとなっています。

選手インタビューなどの映像コンテンツも配信しています。すでにYahoo!プレミアム会員の場合は、追加費用なしで利用可能です。

オールマイティ!迷ったら定番のVOD8選

ここでは定番の動画配信サービスから、変わった特徴を持つサービスまで8点紹介します。どんな特徴があるかはタイトルに入れてあるので、気になるものをチェックしてみてください。

【定番】Netflix

ホームページhttps://www.netflix.com/jp/

【定番】Netflix
  • 料金:月額990円から
  • 作品数:非公開
  • 特典:なし

Netflixはアメリカ発の動画配信サービスで、全世界でユーザーがいる大手VODです。以前まで無料期間があったため試しやすかったのですが、現在は終了してしまいました。

ただ国内外で幅広いジャンルの作品を扱っており、オリジナルドラマや独占配信もあります。

【定番】Amazonプライム-prime video

ホームページhttps://www.amazon.co.jp/Amazon-Video/b?node=3535604051

【定番】Amazonプライム-prime video
  • 料金:月額500円から
  • 作品数:非公開
  • 特典:30日間無料体験、Amazonプライム会員特典各種

prime videoは、Amazonプライム会員であれば、誰でも見放題が利用できるVODです。ただし配信されているコンテンツすべてが対象ではなく、一部はレンタルして視聴する必要があります。見放題コンテンツではアニメやドラマが充実しているほか、Amazonオリジナルという作品も配信しています。

プライム会員特典は他にもあるので、コストパフォーマンスが良いサービスです。

【登録不要】GYAO!

ホームページhttps://gyao.yahoo.co.jp/

【登録不要】GYAO!
  • 料金:月額500円から
  • 作品数:非公開
  • 特典:なし

GYAO!は、会員登録不要で楽しめる動画配信サービスです。公式のドラマやアニメ、バラエティ番組が無料で楽しめるかわりに、配信期間が短期間となっているのが特徴です。広告が入るので、気にならない方にとっては最も安く利用できるVODとなっています。

有料のレンタルもあるので、見たいものだけ選んで購入することが可能です。

【見放題・レンタル】TSUTAYA TV

ホームページhttps://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/vod/top.do

【見放題・レンタル】TSUTAYA TV
  • 料金:月額1,026円
  • 作品数:見放題10,000以上
  • 特典:30日間無料

TSUTAYA TVはCD・DVDレンタルを行う、TSUTAYAのVODです。見放題プランに加入するとレンタルで使えるポイントが毎月貰えるため、どちらでも映画やドラマ・アニメを楽しめす。

本数は限られますが、見放題+レンタル料を払わなくて済むのがメリットです。

【音楽・映像】music.jp

ホームページhttps://music-book.jp/video/

【音楽・映像】music.jp
  • 料金:550円から
  • 作品数:動画200,000以上
  • 特典:30日間無料

music.jpは音楽の配信だけでなく、映画やアニメなどの動画・漫画・書籍を幅広く揃えているサイトです。music.jpでは、月額のコースによって付与されるポイントが変わります。

サイト内のコンテンツはこのポイントと引き換えにレンタルをする仕組みです。ポイントの還元や割引などのサービスが発生することがあります。

【ライブ映像】dTV

ホームページhttps://video.dmkt-sp.jp/

【ライブ映像】dTV
  • 料金:550円から
  • 作品数:120,000以上
  • 特典:30日間無料

dTVは大手音楽レーベルのエイベックスが運営する、VODです。そのためライブ配信などの音楽コンテンツが、特に豊富な特徴があります。見放題で様々なアーティストのライブが見られるため、音楽好きには非常にお得となっています。

月額料金も低めに設定されているので、利用しやすいでしょう。

【ジャンルごとに見放題】楽天TV

ホームページhttps://tv.rakuten.co.jp/

【ジャンルごとに見放題】楽天TV
  • 料金:165円から
  • 作品数:200,000以上
  • 特典:30日間無料

楽天TVにはいくつかの楽しみ方があります。1つは無料動画を見ること、もう1つは1話ごとにレンタルをすることです。最後にジャンルごとの見放題サービスに加入することです。国内外ドラマの取り扱いが多いため、1話だけ無料でその後レンタルの形が主流となっています。

もし1つのジャンルを多く見たければ、「声優」「宝塚」「アジアドラマ」などのジャンルに、見放題で加入するのがよいでしょう。

【独自番組】ABEMAプレミアム

ホームページhttps://abema.tv/about/premium

【独自番組】ABEMAプレミアム
  • 料金:960円
  • 作品数:200,000以上
  • 特典:2週間無料

ABEMAプレミアムはオリジナル番組を数多く提供する、ABEMAの見放題サービスです。アニメや映画の配信もありますが、オリジナルコンテンツの配信がメインとなります。

無料会員では見られないコンテンツが視聴可能になったり、番組の追いかけ視聴が可能だったりと、無料版の上位互換になっているのです。

テレビドラマも豊富 テレビ局のVOD3選

【フジテレビ系列】FODプレミアム

ホームページhttps://fod.fujitv.co.jp/

【フジテレビ系列】FODプレミアム
  • 料金:976円
  • 作品数:20,000以上
  • 特典:2週間無料

FODプレミアムはフジテレビが運営している、動画配信サービスです。そのためフジテレビのドラマやバラエティ番組が、見放題になります。オリジナル番組や独占配信アニメもあるので、見たい作品がある方は無料で試してみるとよいでしょう。

ただしレンタルもあるので、コンテンツすべてが見放題になるわけではありません。

【テレビ朝日系列】TELASA

ホームページhttps://www.telasa.jp/unlimited

【テレビ朝日系列】TELASA
  • 料金:月額618円
  • 作品数:10,000以上
  • 特典:2週間無料

TELASAはauとテレビ朝日が共同して開始されたサービスです。テレビ朝日系列のドラマやバラエティなどが見たい方は、こちらがおすすめです。

テレビ朝日系列のアニメも配信していて、ほかにはないラインナップとなっています。レンタルや無料公開されているものもあります。

【各社合同】Paravi(パラビ)

ホームページhttps://www.paravi.jp/

【各社合同】Paravi(パラビ)
  • 料金:月額1,017円
  • 作品数:非公開
  • 特典:2週間無料

Paravi(パラビ)はTBS・テレビ東京や日テレ、WOWOWのなどの様々な放送局の番組を配信するサービスです。レンタル作品もありますが、月額料金でチケットがもらえるのでほとんど追加料金なしで利用できます。

国内ドラマの取り扱いが特に豊富で、昔のドラマも配信しています。

まとめ

ここまで日本国内で利用できる動画配信サービス(VOD)を、25点紹介していきました。それぞれに特徴があり、視聴できる番組も異なります。多くが無料期間を設けているので、一度利用してみてから加入するサービスを決めるとよいでしょう。体験目的の場合は、無料期間内に解約するのを忘れないように気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。