2022年11月18日

2018年12月より、BSにて、本格的な「4K.8K放送」が始まりました。NHKをはじめBS日テレ4KやBSフジ4K、BS朝日4KやBSテレ東4Kなど多くの放送局が参入してきています。しかし4Kテレビは普及してきたものの、4Kチューナーを搭載しているテレビは少ないのです。また8Kに対応している機器は非常に少ないため、まだまだ「発展途上」と言わざるをえません。そこで今回の記事では、現時点で4K・8K放送を録画する方法とPCにリッピングする方法について、解説していきましょう。

4Kテレビの普及に伴う4K/8K放送

4Kテレビが登場したてのときは、40インチでも20万円以上というのが当たり前でした。しかし現在は50インチでも5万円前後で購入できるほど、リーズナブルで身近なものとなっています。現在のテレビ放送の多くはFHDであり、VODサービスに関してもほぼFHDが主流となっています。

4K放送があまり普及していない理由のひとつに、「4K放送自体が少ない」といった問題がありました。しかしテレビ側の優秀なアップスケーリング技術によって、FHD画質でも「4K画質に十分匹敵するクオリティ」を提供してしまっていることも、原因のひとつとなっています。BS放送で4K放送が、主流となりつつあるのです。

ブルーレイディスクには4K動画に対応した、「4K UHD」というものも登場しています。しかし普及率は今ひとつです。8K放送は現時点で「まったく必要ない」というレベルといっても、過言ではありません。

 BS4K/8K放送を視聴する方法

現在BS 4K/8K放送を配信している事業者は、以下のとおりとなります。

引用:https://bscs4k8k.com/setting/

BS放送は右旋と左旋に分かれており、どちらの放送を視聴するかによってその視聴方法も変わっていきます。ここではBS4K/8Kを視聴するための条件についてまとめてみました。

ポイント

●右旋の番組を視聴するための条件

  • 4K/8K放送対応チューナー(テレビ内蔵もしくは外付けチューナーなど)
  • インターネット光回線のテレビオプション契約
  • BSアンテナ(光回線を利用しない場合

●左旋の番組を視聴するための条件

  • 4K/8K放送対応チューナー(テレビ内蔵もしくは外付けチューナーなど)
  • インターネット光回線(事業者から4K対応STBが支給される)
  • 4K/8K衛星放送BS/CSアンテナ(光回線を使わない場合)

右旋放送は現在の機器を利用して視聴できるものが多いため、「初期投資」があまり必要ありません。4Kチューナー内蔵テレビをもっていれば、光回線のみで4K放送を楽しめます。左旋放送の場合も、右旋と同じ条件で視聴できるのです。

新4K対応チューナーを内蔵しているTVをおもちの方は、簡単に視聴可能です。ただし従来のBSアンテナを利用している方は、「4K対応アンテナ」が別途必要になるので注意しましょう。

 BS4K/8K放送をテレビで録画するためには

4K/8K放送を視聴できる条件が揃っているなら、テレビで録画する方法は簡単です。現在BS4K/8K放送をテレビで録画する方法は、以下のとおりです。

  • テレビにUSB HDDを接続して録画する
  • 4Kチューナー内蔵BDレコーダーを使って録画する

これ以外にもPCを使った録画方法などがありますが、それについては後ほど解説していきましょう。次の項目では、それぞれの録画方法について解説していきます。

テレビにUSB HDDを接続して4K/8K放送を録画する

引用:https://www2.elecom.co.jp/storage/hd/pickup/hdd_tv/

この方法はテレビと外付けHDDのみで利用できるというメリットがある反面、録画したテレビ以外で視聴できないというデメリットもあります。録画したデータを持ち出さない人に、おすすめの方法です。録画したデータをブルーレイディスクやスマホ、タブレットなどでも視聴したい場合は別の方法にしたほうがよいでしょう。

●HDDのデメリットを克服する方法

SeeQVault™(シーキューボルト)に対応しているテレビとHDDであれば、機器を入れ替えてもそのまま使えることが可能になります。

引用:https://www2.elecom.co.jp/storage/hd/pickup/hdd_tv/

テレビを買い替えたり他のテレビでも録画した番組を視聴したりしたい場合に、SeeQVault™に対応していれば、HDDを入れ替えて楽しめるわけです。※この方法では、テレビ・HDDともにSeeQVault™に対応している必要があります。

4K/8Kチューナー内蔵BDレコーダーで4K/8K動画を録画する

引用:https://tokusengai.com/_ct/17238687

4Kチューナー内蔵BDレコーダーをもっているのであれば、BDレコーダー単体で放送を録画可能です。簡単に録画できて、Blu-rayディスクに書き込めるというメリットがある反面、価格が高いというデメリットがあります。また8Kチューナー内蔵BDレコーダーはほとんど販売されておらず、チューナーとHDDのみとなっています。

・シャープから販売されている8K HDDレコーダー(8Kレコーダーはほとんどない)

引用:https://tokusengai.com/_ct/17238687

PCでBS 4K/8K放送を録画・リッピングするには

BS放送をテレビではなく、PCで楽しみたいという人も多いことでしょう。そこで以下ではPCでBS4K/8K放送を録画・リッピングする方法について、解説していきます。現在PCでBS放送を録画するおすすめの方法は、以下のとおりです。

  • BDレコーダーで録画したブルーレイディスクをリッピングする
  • PCにTS抜きチューナーを導入して、PCで録画する

さっそくこのふたつの方法について、詳しく解説していきましょう。

ブルーレイに録画したBS4K/8K放送をPCにリッピングする方法

ブルーレイレコーダーで録画したデータには、AACSといわれるコピーガードがかけられるようになっています。PCにブルーレイのデータを取り込むためには、「コピーガード解除」を行う必要があるのです。そこで今回リッピングに使うツールはこちらとなります。

引用:https://kachi-share.com/bluray-ripping/

「DVDFabブルーレイリッピング」はブルーレイに使われている、「ほぼすべてのコピーガードを解除」可能なリッピングソフトです。有料ではあるものの、30日間無料で使えるため非常におすすめといえるでしょう。

ポイント

起動してブルーレイディスクをドライブに挿入すれば、自動的に認識してリッピングを開始します。

引用:https://ja.dvdfab.cn/blu-ray-ripper.htm

ほとんどのコピーガードを解除してしまうため、市販・レンタルブルーレイのリッピングも可能です。

引用:https://ja.dvdfab.cn/blu-ray-ripper.htm

※ブルーレイのコピーガードを解除してPCにリッピングする行為は、「著作権法違反」となるため、決して行わないようにしてください。コピーガード解除ツールの購入、保持に関しては合法です。

BS4K/8K放送をTS抜きチューナーを使ってPCに保存する方法

TS抜きチューナーとは、「CCI(録画した機器以外で再生できない仕組み)」を、付けさせないものです。PC上でテレビ視聴や録画を、自由に楽しめるようになります。法的に違法性もないので「安心して使える」という点も大きなメリットです。※ただし、B -CASの利用規約には違反しているので、注意してください。

PCでBS 4K動画の視聴・録画を楽しむには、4Kに対応したTS抜きチューナーが必要になります。

引用:https://www.tbsdtv.com/products/tbs6812_pt4k_isdb_t_s_s3_pcie_card.html

ほとんどの製品が海外製のため、Amazonなどで購入するのがよいでしょう。

引用:https://www.amazon.co.jp/PCI-express-CSチューナ-TBS6812-PT4K/dp/B083H6ZJQ8/ref=asc_df_B083H6ZJQ8/?tag=jpgo-22&linkCode=df0&hvadid=342353358426&hvpos=&hvnetw=g&hvrand=812104448892684537&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009241&hvtargid=pla-858108946451&psc=1

TS抜きチューナーを使ってテレビ放送を録画するためには、「Drop」という方法を利用したり、初期設定や接続等を自力で行ったりする必要があります。難易度は非常に高くなるのです。その分録画したデータを自由に扱えるため、さまざまなデバイスで視聴するにはおすすめといえるでしょう。

BS 4K/8K放送を録画・リッピングする方法のまとめ

現時点では、BS4K/8K放送を安全に録画する方法は、テレビでHDDに直接録画するか、BDレコーダーを使って録画する方法の二択です。PCでリッピングする際には「著作権」の問題が絡んでしまうため、さまざまな観点から安全とはいえません。

またTS抜きチューナーを利用する方法は、初心者には難しいため「玄人向け」といえるでしょう。筆者としては、安全な方法でBS4K/8K放送を楽しんで頂きたいと思っているため、テレビとBDレコーダーの組み合わせがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です